「似顔絵」を描ける才能は学習すれば本当に身につくのかなあ???

   

2013-11-22004.gif048.gif075.gif084.gif079.gif049.gif

 

 私にとっての【似顔絵】・・・・人の似顔絵が上手に描ける人は羨ましい・・・モンタージュ画像

 

 私は「絵」は好きだし、「絵を描く」ことにも興味がある。でも、「似顔絵」を描くことは本当に難しいと思う。そもそも「似顔絵」はどのように描けば良いのか・・・の「技術面」のことが全く分からない。

 

 もう40年以上前にもなるかなあ・・・この当たりはもう「適当」にさせてもらわないと生きていけない・・は大げさだが、もう66年も生きていると「いつのことだったかなあ」ととても曖昧になってくる。よく【クイズ番組】などで、今まで起きたいろんな出来事を「年代順に並べてください」という問題が出るが、100%成功したためしがない。何と自分の【記憶の曖昧さ】に愕然とする。この点は「女性」はよく覚えていることが多いように感じる。試したわけではないが私の奥さんは「何でも覚えている」・・「怖いわ!」と表現したこともあるくらいだ。男は「何でも覚えていられると辛くなる」ことが多い。ちょっと脱線気味だが・・・【似顔絵】と記憶力とは相関関係があるんじゃないかなあと推測している。

 

d0323161_20410838.jpg

 今はもう手に取ることもほとんどなく、読むことも無くなった「週刊朝日」という雑誌がある。昔は父親がファンだったので、毎週待ちかねるように読んでいた。サトウハチローの詩が掲載されていたり、山藤章二の似顔絵シリーズ【ブラックアングル】や彼が選者となって「優秀作品」などが紙上掲載されるという「似顔絵塾」というコーナーがあった。毎週それを観るのを楽しみにしていたが、よくまあ日本全国に、これだけユニークに「似顔絵」を描く才能を持った人がいるもんだと感動させてもらっていた。中にはとんでもなく「デフォルメ(変形)」されているのに、その有名人にそっくりと感じさせられるのだから素晴らしい。今、あの頃の掲載されていた作品をもう一度観てみたいという欲求に駆られてしまう。それほど魅力的なコーナーだった。

 

 私の小学生から大学までの学生期間にも同級生などに「似顔絵」を描くのが上手な人もいたんだろうが、授業が終われば一目散に運動場に飛び出していっていたので、そのような「文化的」な作業をしているクラスメートのことは全く印象には残っていない。社会人になってもそのような「特技」を持っていた人のことを覚えていない。

 

d0323161_20415651.jpg

 ところが、小学校の介助員としての仕事を始めてから、子供たちの多くがいとも簡単に「先生の似顔絵描いてくれる!」というお願いに素直に応じてくれて、それこそ様々な【私の似顔絵】を描いてくれた。中には「タヌキ」に似せた似顔絵だったり、笑いがこみあげて吹き出してしまったのもあった。どれもがユニークで面白く、家内の評価は「よく特徴とらえてるやん!」「これはちょっと男前すぎるんちがうのん!」とか言って面白がっていた。家に一時期「似顔絵コーナー」を作って貼りだして眺めて楽しんでいたが、看護師の娘が帰ってきて「お父さん、ええなあ、こんなたくさんよう描いてくれたなあ!」と感心していたし、少し羨ましそうにしていた。中学生になるともう描いてくれない。支援の生徒に頼んでみたが【気恥ずかしさ】の方が優先するのか色よい返事は返ってこない。描いてくれたとしても「ムチャクチャ」あるいは「怪物」「妖怪」になってしまう。「黒いティラノサウルス」を描いてもらったって、これが「私の似顔絵」ですという人はいないと思う。

 

 インターネットで【似顔絵の描き方】とか検索すると驚くほどいろんなサイトがあり、似顔絵絵師が開いているブログも次々と検索できる。また、「International Society of Caricature Artists」:という国際誇張似顔絵師交流会(ISCA)の世界大会があり、日本人はとても優秀で「優勝」している人がいるようだ。

 似顔絵の描き方を私なりに「推測」してみたが、何でも「プロによる分かりやすい解説」を読んでみると、「なるほど、そういうことか!」と「合点!」がいくようなことが多々あった。私の周りに似顔絵に興味がある人がいるのかどうか知らないが、少なくとも私はかなり「興味」があるし、サッサッサーと10分ほどで描くことができたら、どんなにか楽しいだろうなあと思ってしまう。ルックスにそんなにも自信はないので、プロの人に描いてもらいたいという欲求はそれほどない。でも、描かれた「似顔絵」の真似はできそうだが、例えば、タレント・有名人を例に出されて「この人の似顔絵を描いてください」「デフォルメして描いてください!」と注文を付けられても、されはなかなか難しいと思う。

 折角、「似顔絵の描き方」を学習したので、詳細はネット検索していただくこととして、私が理解できた範囲内で「ミニ・マニュアル」を書き残しておきたいと思う。

1.似顔絵とは顔の特徴を強調し「デフォルメ」してものなので、鼻とか目とか口の特徴を大胆にデフォルメして描くことがポイント。後は観る人が「補充」してくれる。

2.基本は「バランス」です。特に一番大事なところは「目」ですが、「口・鼻」とともに「髪型」もとても重要です。「味わいのある似顔絵」が一番評価を受けます。

3.「輪郭」と補助線(縦線・横線)を引くことでバランス配置を試してみます。その補助線に沿って「鼻」「口」「目」を描いていきます。眉は男は太め、女は細めに描き、太い眉の人は強調することです。

4.目指すものは「オリジナル」です。「似顔絵」の真似は描いても楽しくないはずです。

5.「髪の毛」も案外、人の特徴を表すものです。「前髪」の形や、どこから生えているかをキャッチできるととても似てきます。

6.「下書き」がうまくいくと後は色塗りですが、それは「個性」です。「視認性」を高める3つのポイントを忘れないことです。境界をはっきり」「線を太くする」「縁取り」です。

7.仕上げは「デフォルメ」です。目と目の距離を離すだけで、全く印象が異なりますが、似顔絵にはなっているのです。

  警察で使用している「モンタージュ写真」という容疑者の顔写真を作る技法があるが、「montage」は【異なった種々の画面(要素)を並べて一つの画面(作品)にまとめる手法】ということで、顔の輪郭・鼻・口・目・髪型・眉などを一つずつ合成するように、まるで「福笑い」のように構成していく。犯人像や容疑者を描くとなると楽しくないが、一度、お気に入りの「タレント」「有名人」を相手に、「似顔絵」の挑戦をしてみてください。きっと楽しいかも!!!

d0323161_20423287.jpg
 

先日、11月20日に息子と娘と3人で、行きつけの「寿司屋」で語り合う機会があった。3人とも寿司好き、酒好きだから毎回4時間近く盛り上がる。焼酎「富乃宝山」をもう15年近くキープしているので、その夜もボトルを空にして、ネキストボトルをキープした。その時に娘がボトルに描いてくれた私の似顔絵を画像として添付しておきます。なかなかの「絵が好きな」娘で、以前に「12ヶ月のドラえもんカレンダー」をオリジナルな絵で創ってくれたことがあった。病院の私の仕事場の横に飾って1年間使用していた。スタッフから「看護師長さん、毎月どんな絵か出てくるか楽しみですわ!」と褒められたことがあった。私の宝物になっている。また、何かのシリーズで描いてくれたら嬉しいなあと思っている。

 010.gif024.gif032.gif037.gif037.gif053.gif

 

 

 

 


[PR]

by taira710 | 2013-11-22 21:12 | 人と人との出会い! | Comments(0)
line

人生は旅、仕事も遊びも旅さえも旅気分で楽しもう!!


by PEACENIK平ちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31