人間にとって「言語】【文字】は不可欠な必需品なのか???


   

2013-11-29 012.gif

 

 「言語」「外国語」って不思議、何で「人類」はこんなにたくさんの「言葉」を必要とするのか???そして「文字」さえもバラエティーが多すぎ!!!

 

   世界中、いや、日本中にいったいどれだけの「言葉」が存在しているのか? 日本国内においては、言語学者は「方言」という表現をして「標準語」との格差をつけているが、「言葉」に階級をつける発想自体が、もう根本的に間違っている。地方から「上京」した若者たちが、自分の郷里の言葉と標準語との格差に唖然として、コンプレックスを抱いてしまうケースが多いらしいが、もっと「自負」して良い。ただ「コミュニケーション」を円滑にするために、まさに外国語のように「標準語」を習得しなければならない話だけである。

 

言葉は「日本列島」内においても、全く「違った言語」として存在していて、「薩摩弁」「土佐弁」「東北弁」「アイヌ語」「沖縄語(球語)会津弁」「富山弁」等として、本当は独立した言語として考えるべきものであると思っている。何故かと言うと、元もとの言葉が「変形」していったのであれば、「標準」として規定して良いが、全く「その言語の発生機序」が異なるのであれば、それは「全く異なった言語」だと思う。ただし、私は「言語学」なるものには全く興味が無いので、「言葉の持つフィーリング」として意見を述べている。

 

d0323161_12494813.jpg

 世界には195カ国(日本を含む)の国があります。その内194カ国は日本が「承認」している国の数で、「北朝鮮」は日本は「国」として承認していないですが国連には加盟しています。その194カ国でどのような言葉が実際に話されているのでしょうか?その国の、いわゆる「方言と呼ばれる言葉まで含めると、本当に21世紀のこの世界には、何と「不可思議な世界」が存在しているんだ・・・と実感してしまう。

 

 今、仮にこのような「問題」が出たとします。【この地球上で話されている「言語」の内、話している人間の数が多い順番に「10言語」を言ってください】・・・・さて、皆さんは【正解】する自信がおありですか?順番はよく分からないですが、今、推測で考えてみます。まず、人口の多い「中国語」ですよね。次に「英語」、植民地政策を採ってきた国は、その国に【言語】を強制しているので、スペイン語とかポルトガル語は多いんじゃないかなあ。「フランス語」もカナダでも話せる人が多い。「ドイツ語」はいま一つ自信がないなあ。でも、人口が多いから正解かもしれない。後、「アラビア語」・・・「イスラム語」ってのは無かったよなあ! それに「ヒンズー語」、意外に「日本語」は正解かも? そして【ロシア語】・・の10言語が正解じゃないでしょうか?

これは、ちゃんと調べて【巻末】に掲載することにします

 

 前から気になっていた言語のひとつに【ラテン語】があります。かつて「世界共通語」として導入が検討された「エスペラント語」に興味を抱いたときに、【ラテン語】に関しても調べてみました。何故かと言うと、何か物を調べたりすると、必ずと言って良いほど「ラテン語表記」って言葉が出てきますよね。何でわざわざラテン語で書かないといけない訳?てな感じで、例えば、新しい「生物」や「星」が発見されると、ラテン語名が必ず併記されているんです。誰しもが「疑問」に感じますよね

 

 ラテン語の歴史を紐解くと・・・・もともと紀元前8世紀頃、イタリア中部の「ラティウム地方」で【ラテン人】によって話されていた言語を、どんな理由かは知らないですが「ローマ帝国」が公用語として「採用」したんです。多分、ラテン語のアルファベットの文字もきれいし、ラテン語の響きが美しく聞えたんでしょう。公用語として採用されると、あの当時の「ローマ帝国」の影響力は絶大で、支配の及ぶ地域に広く普及しました。またキリスト教の布教活動とともにカトリック教会の【公用語】にもラテン語が採用され、その後もルネッサンス時代には「知識階級の象徴的言語」としての位置づけを確保、「学術用語」としても定着していきました。現在も「バチカン市国」の公用語として使用されていますし、「生物」「天文学」「解剖学」でも息づいていますし、「クラシック音楽」の好きな人には分かるのですが、歌唱曲の中には多くのラテン語が、その名残りを留めています。

 

d0323161_12520750.jpg

 「言葉」と言えば・・・何を連想します。そうですよね。旧約聖書の【創世記】第11章に出てくる「バベルの塔」の話ですよね。人間は。当時の「新技術」を活用して、天まで届く塔の建設を始めます。技術が進んでいたので塔は驚くほど高く聳え立ちます。その行動がエホバの逆鱗に触れ、「人間は言葉が一つしかないからこのような企みを思いつくのだ。お互いに通じない様々な言葉をお前たちに与えよう!」と言って、人間に各地に散らばるように命じた・・・・・という話。よくできていますよね。でも、この話には「裏側」というか、二つの本質論があって、一つには「その時代にすでに多くの言語が各地に存在していたために、その理由を明確にするために旧約聖書の中で【バベルの塔】の話が「創作」されたとされています。もう一つは「技術革新」に対する人間の奢りを戒めるための「説話」としての意味合いがあるとされています。なるほどねと思いました。

 でも「言語」がひとつという世界は、確かに「コミュニケーション」が取れ易いと安易に思いがちですが、同じ言語圏において、どれだけの「紛争」が歴史的に繰り返されているでしょうか。「宗教」「政治」「国境」「利権」「資源」など様々な要因で人間は争いを繰り返しています。小さな単位で言えば「同じ日本語」を使いながら、意志の疎通が図れずに、どれだけ多くの男女が争いを繰り返してきたでしょうか。「共通言語」は平和を維持するための何の「保証」にもならないと言うことです。

 

 インターネットで検索すると様々な「言語」「文字」に関する説明がされています。世界の「国の名前」と「話されている言語」の名前をすべて表記しているLanguages Site」がありますそこには「7299種類という数が明記されています。しかし、「この言葉」と「この言葉」は別の言語であるという「定義」を共通項にすることはとても困難とされています。例えば、前述したように「沖縄語(沖縄方言)は「日本語」の範疇に入りますか?それとも「琉球語」という別言語なんですかという「定義」ですよね。これは「アイヌ語」にも言えます。言語を「主体」としての「文化圏分類」ということであれば、「北海道」はアイヌ民族の「土地」「国」とだったと言えるでしょうね。中国でも様々な異なる「言語」の「少数民族」が、【中国】という枠組みの中での生活を強いられています。「チベット」なんて明らかに【言語】が異なっていますし「生活様式・文化」も異なっています。こんな事態は誰か考えたって「侵略」以外の何物でもないということです。それを「圧殺」しようとしているんですから、「中国」は間違いなく【後進国】「未開発国」というラベルしか貼れないですよね。目的は「チベット」にある地下資源・・・・・・・「政治は汚い」ですね。

 

 「言語の数・種類」云々より、確かに「コミュニケーション」は重要です。「説明」も重要です。でも、「秘密保護法案」は「秘密を漏らす言葉」が「犯罪」と規定されて、人間が裁かれてしまうんですから、こんな問題のある「悪法」はないですね。「自民党・みんなの党・日本維新の会」の国会議員は、強行採決に反対した議員を除いて、ほぼ「全員」アウトです。

 

 最後に、お約束でした「正解」が分かりました。①中国語②スペイン語③英語④アラビア語⑤ヒンディー語⑥ベンガル語⑦ポルトガル語⑧ロシア語⑨日本語⑩ドイツ語・・・・の順が正解です。

ベンガル語はバングラデシュとインドの西ベンガル州とその周辺で話されている言語ですが、何と22千万人が話しているとされています

 

 現在使用されている文字28種、かつて使用されていた文字89種、計117種の文字の見本がありますが、楔形文字の分類などによって少し数に変動があります。最大120前後が「正解」と言われています。

 

 締めくくりに、「エスペラント語」について書き残しておきたいと思います。1887年にポーランド育ちのユダヤ人眼科医「L.L.ザメンホフ」が母国語以外の共通言語として創案した言語に関する本「Unua Libro」(最初の本)を出版しました。実は「エスペラント」というのはザメンホフの【ペンネーム】だったんですが、その「エスペラント」という国際語の意味は「希望する者」という意味でした。彼のペンネームがその意味にちなんで、彼の考え出した新しい言語体系の「代名詞」のように使用されて、「エスペラント語」として定着したのです。

 

彼の理念は、母国語以外の共通言語を全ての人が話せるようになることで、きっと世界に平和が訪れるに違いないと思ったのだと思います。彼の「理念」はとても尊いと思います。現在、世界中で100万人以上の人たちが「エスペラント語」を話せるらしいですが、私の海外旅行の経験では、明らかに「英語」が世界の共通言語・国際語になっています。日本列島縦断旅行で韓国人の青年とも、中国人の青年とも「英語」で会話して交流を図ることができました。一体何が、一体誰が国家間の【摩擦】を引き起こしているのかを正しく見極める必要があります。人間は「平和」と「幸福」の追求のために、何をしなければならないのでしょうか?

 031.gif033.gif048.gif074.gif

 
[PR]

by taira710 | 2013-11-30 13:12 | 人生をいかに生きるか! | Comments(0)
line

人生は旅、仕事も遊びも旅さえも旅気分で楽しもう!!


by PEACENIK平ちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31