本当に心から尊敬できる人間がいる!!!ここに!!!

2014-01-23056.gif070.gif071.gif078.gif083.gif056.gif

 

 「乙武洋匡」という人間の素晴らしさ・大きさを考える・・・・その「教育的存在感」!

 

 私が自分の人生で「乙武洋匡」(おとたけひろただ)という一人の人間に出会った意味は大きい。出会ったと言っても本当に目の前にいて【会話】を交わしたわけではない。一番最初に知ったのは、1998年に講談社から出版された「五体不満足」という彼が早稲田大学在学中に出版したベストセラーである。2014年現在までの総発行部数が550万部というから、その影響力はすごい。

 

 乙武洋匡は197646日生まれだから、現在37歳で、身長107センチ、体重38Kg、現在東京都の教育委員であり、絶妙なあだ名をつけることで有名な有吉弘行に「おしゃべりエロだるま」と名づけられている。本人は有吉とも親交があり、このあだ名を気に入っている様子である。いや、実に的を得ていると思う。20013月に「結婚」されていて、現在二人の男の子の「父親」である。「障害は不便です。しかし、不幸ではありません」というメーセージを発信し、あの屈託の無い笑顔で周りの人の協力と共感を得て、素晴らしい人生を送っているのです。

 

 最初に【五体不満足】という本を読んだ時、私は【看護師】としての経験は22年目だったが、こんなに前向きな人間に出会ったことは初めてだったし、その本の内容を通じて、彼の両親がどれだけ「包容力」があって「愛情」を持って彼に接し続けているのかが、ストレートに感じられ、とても【感動】と「インパクト」を味わうことができました。彼は、どんな環境に出て行くときも何一つ「躊躇」することなく、両親も彼を不用意に制止することなく、彼のダイナミックな生き方を見事にサポートし続けていたのです。

 

 テレビでは「

d0323161_11260921.jpg
の森」のスポーツコメンテーターとしてオリンピックやサッカーW杯の選手などを取材し、スポーツ雑誌「Number」の連載を執筆するなど、その活躍はとても評価されていた。本人も本当にスポーツが大好きで、中学時代はバスケットボールクラブに所属して実際に参戦し、高校時代は「アメリカンフットボール部」に所属し、「データの収集と分析」を行い、作戦参謀として活躍していたらしい。車を自らの設計で改造し、「自動車運転免許」も取得するという積極さだから、脱帽もしてしまう。あの身体的機能で、この前向きさ、恐れ入るしかない。ところが、こんなことで済まないのが「彼」の凄さである。

 

 更に、彼の有能さは止まることを知らず「タレント」や「作家」としても活躍しながら、さらに、2007年発行の【だから、僕は学校へ行く】という本で、その具体的な内容を知ったが、2005年東京の新宿区の「子供の生き方パートナー」として教育委員会の非常勤講師として勤務するが、明星大学の通信課程に学び、小学校教諭二種免許を取得し、2007年から3年間、杉並区の小学校の先生として3年生・4年生を担当し勤務されたというから、「圧倒」されてしまいます。20114月からは「ナチュラルスマイルジャパン株式会社」の代表取締役としての立場で東京都で【認可】された保育所を経営されているのです。

 

 あの「身体的機能」で小学校の教師が務まるのか・・・・・彼には特別に「サポーター」が配置されていたらしいが、彼は生徒である「子供たち」の助けを借りながら「教職」という勤めを3年間続けたんです。その3年間で【彼】と接することのできた子供たちは、本当に「生きるとは何か」という究極の問いかけにも容易に答えを出せるような「忘れられない体験」をしたんじゃないだろうかと思う。

 

 彼の生き方を観ていて、確かに「人間はひとりでは生きられない」という想いが強くなったが、周りに自分の生き方を「サポート」してくれる人材が傍に寄ってきてくれるのも、彼の人間としての魅力だと思う。彼は両親にも恵まれていたが、特に「友達」にも本当に恵まれていたように感じられる。小学校の教諭免許を取得しようと志した時に、彼の友人は「おまえ、足なんか1本も無いのに、二足どころか三足のわらじを履くなんて贅沢だ!」とおちょくったようだが、この言葉が言える「関係」って凄いなあと思う。安易な同情なんかは微塵もなく、ただ「対等の人間」「友人」として言い放った言葉・・・・・彼は教員免許を取得して、小学校教諭としての実績を重ねる。友人としてもこんな【男】と友人関係でいられて嬉しいに違いないと思う。

 

 でも、「順風満帆」な人生のように思えるが、彼の中には凄い【葛藤】が続いていたのです。

【僕は何もしていなかった。フツーに生きてきただけなのに、ただ障害があるというだけで、ただ存在しているだけで賞賛され【勇気をありがとう】と言われてしまう。そうした言葉に、僕はむしろ無力感を覚えていたのだ。「自分はなにもしていないのに・・・・」ただその無力感を消すために、僕は考え方を大きく変えていくことになる。他人から「あなたの生き方は素晴らしい」と言われても、本当の自分を知っているから、誇らしく胸を張ることができない。】・・・・・・・

 

 彼の悩みに対して、1911年生まれ(今年は2014年ですよ!!!)の聖路加国際病院名誉院長である日野原重明が対談の中でアドバイスしています。

 

「僕は貴方の3倍以上、4倍近く生きている・・ということは4回戦の試合にたとえるなら、きみはまだ1回戦が終わったばかりで、これから漸く2回戦が始まろうという時期なんだね。まだ何もデザインされていない真っ白なキャンバスに「絵を描きなさい」と言われているようなその気持ち。可能性というのかなあ。僕にはそれが羨ましく思えてならないんだ」・・・・・

 

人生を真摯に生き続けている人の言葉は「含蓄」があり「深み」がありますね。

 

d0323161_11262625.jpg

彼は今【教育】【保育】に関して真剣に取り組んでいると思います。私も小学校での介助員を2年間続けて、生まれてから小学校2~3年生までの子供たちのあの「純粋さ」の未来に「犯罪者」なんて存在が待ち受けているとはとても思えないんですが、本当に「しつけ」「教育」は難しい時代になってきています。今の時代は「体罰」はもってのほか、「しばらく廊下に立っていなさい」など、授業中に教室から退去させるという行為は、子供たちから【学習権】を奪うものだとして、絶対にしてはならないことだとされているのです。私はそんなに何回もじゃなかったですが、両手にバケツの水を持って立たされていた記憶があります。極端な話、「放課後、残って教室の掃除しろ!」なんて命令すると「監禁罪」に問われることもあるというのですから・・・今の先生方は「教諭」という字のごとく「教え諭す」という、子供たちには言葉や態度で気づかせていく「教育」が必要とされていると「彼」は考えているようです。

 

でも、私は少し違っています。私も不条理な「体罰」を受けた経験もありますが、教師の真剣さ、自分のいい加減さに気づかされたことが多かったです。小学生はまだ「幼くて」ましです。中学生ともなると本当に「頭の中には十分な判断力・思考力」が備わっていないまま、動物的な行為をします。集団行動に適応せず、仲間内でじゃれあい続けるのです。多くの動物では、親は子供の逸脱した行動に対して、必ず「体罰」を課しています。そうすることによって【自然の脅威】や「外敵」に対する警戒心を教えているのです。人間は生まれながらにして「知識・判断力・思考力」を身につけているわけではありません。だからこそ、「身に痛みを感じて学ばなければならないこと」もあるのです。日本のマスコミは「全体のバランス」感覚を失っています。センセーショナルに【体罰問題】を取り上げることが自分たちの「役割」のように勘違いしているのです。でも、最近の中学生は男子も女子も体格も大きく、運動神経もかなりのものです。大人の人間・教師がもはや対等に対峙できない状況があります。生徒の間違った行動に対してひるんではならないのです。

 

もちろん、生徒を「傷つける」ような「体罰」「暴力」には反対です。でも、昔の先生がやっていたような「愛情のあるスキンシップ」が本当に見られないのです。「乙武洋匡」には、その微妙なニュアンスが理解できているように思います。

 

私がこの世に誕生した1947(昭和22年)に公布された学校教育法第11条には

「校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、監督庁の定めるところにより、学生、生徒及び児童に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない」

とされています。「懲戒を加えることができる」という言葉の意味を「正しく」「子供たちに愛情を持って」真摯に対応していただけるように願いたいものです。子供たちは「それを正しく」肌身で感じられる資質は持っているように思います。

 

 「人の痛みをしること、思いやること、感じること・・それが人間のはじまりであり証」

  これが、私の言葉で・・・・以下が乙武洋匡の言葉

五体が満足だろうと不満足だろうと、幸せな人生を送るには関係ない。

苦手な食べ物はありますか?と聞かれて「みかんとカニがむけません (>_<) 味覚的には、何でもおいしくいただきます!」

指紋あるんですか?という質問に「ないです!完全犯罪Ψ(`´#) 足もつかないし()

 

 010.gif011.gif003.gif016.gif058.gif056.gif056.gif

 

 


[PR]

by taira710 | 2014-01-24 11:31 | 人と人との出会い! | Comments(0)
line

人生は旅、仕事も遊びも旅さえも旅気分で楽しもう!!


by PEACENIK平ちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31