世の中には本当にいろんなことを試行錯誤している人たちが生きている!!

2014-01-31004.gif016.gif028.gif031.gif036.gif034.gif049.gif

 

人間はどうして「一番」になりたがるんだろう?【ギネス・ワールドレコード】の世界は笑いと活気に溢れている。

 

 今年の1月12日、兵庫県稲美町の住民約300人が約2万4000個のキャベツなどの野菜を隙間無く並べて「巨大モザイクアート」を完成させて、ギネス記録の公式認定員により「世界最大375㎡」と認定されたニュースが流れていた。この記録は東京にある「ギネスワールドレコードジャパン」支社に申請しなければ認定されなかったのです。本社はイギリスのロンドンにあり、支社はニューヨークと北京とドバイと東京にしかないということです。一番大事なことは、ギネス記録に挑戦するには、正式に「申請」が必要で、【認定・記録】はギネスワールドレコード記録管理部が決定するという、かなり厳密な審査基準が設けられています。つまり、申請無しに「ギネス世界記録に挑戦」というフレーズを使用することさえ認められていません。

 

d0323161_22014384.jpg

 でも、「ギネスワールドレコード」には「新しい記録のカテゴリー」として「公式基準」が3つ設けられています。ひとつは【記録達成が証明されること】二つ目は「記録が数量化できること」3つ目は【今後、記録が破られる可能性があること】この3つ目が一番嬉しい基準ですね。

人間の「記録」に対する「飽くなき挑戦」を鼓舞するとても重要な要素だと思います。やっと達成した新記録があっという間に「塗り替えられてしまう」というシビアーな【現実】が常に存在しているのも、この「ギネスワールドレコード」の興味深いところです。「記録内容」が国・地域によって「限定」されるものは「却下」される可能性が高いということは、「世界共通基準」を目指しているという素晴らしい「姿勢」を感じることができます。

 

 更に言えば「申請内容が挑戦者本人・観客・周囲の人々を大きな危険に晒すもの」「申請者以外の人が、その記録に挑戦するに値しないもの」という「危険回避」と「記録の権威」を遵守しようとする姿勢も評価できるように思います。更に「人権的」「倫理的」に問題のある「記録」に関しては掲載しない、削除するという【方針】が貫かれています。具体的に列記すると【世界の最年少出産記録5歳7ヶ月21日】は性犯罪を惹起したり、医学的・人権的に派生する問題が多いとして「削除」されていますし、「早食い」「不眠」の記録への挑戦は「死者」を出したり、健康を著しく阻害するという懸念から「受付申請拒否」をしています。とても良いことです。やはり「人間の生み出す新記録」は人々を楽しませ、傷つけず、幸せにすることを大前提にして欲しいと思います。

 

 そもそも「ギネスワールドレコード」はどのようにして生まれたんでしょうか。「ギネスビール」は世界中で有名ですが、会社の代表取締役の「ヒュー・ビーバー」が友人と「狩り」に行き

獲物の「ヨーロッパムナグロ」と「ライチョウ」のどちらが「世界最速の鳥」か議論になった。結論は出なかったが、「このような世界一の事柄」を集めた本があれば評判になるのではと思いついた。調査業務をしていた会社に調査と出版を依頼し、1951年ギネスブックの「初版」が発行された。2014年版も出版されているが、「発行部数・販売部数」は公表されていない。世界一かどうかは「不明」である。でも、「世界一のベストセラー」として登録している。ちなみに2014年度版はなんと¥3100円もします。・・・・・・

 

 かなり時間を割いて、ギネスワールドレコードに掲載されている「世界一の記録」をチェックさせてもらったが、「初めて知ってびっくり!」「へえっ、こんな世界一があるんだ」「よう、こんなことに挑戦するわ!」「よく思いついたなあ、世界一の称号が欲しいんだ」「こんなのは気持ち悪いなあ」とか様々な感想を感じることができた。その中で、私も一度挑戦してみたいと思ったものや、初めて知った「世界一の知識」、「ついつい笑ってしまった」「へえっ、凄い!」と感じたような内容を「著作権侵害」にならない範囲で、感想を交えて紹介しておきたいと思う。添付画像にも気に入ったものを掲載しているが、「なぜ、世界一」なのかを、画像から想像していただきたいとも思っています。

 

d0323161_22011984.jpg

 ギネスワールドレコード・・・昔は「ギネスブック」と言っていましたが、私自身は一度も手にしたことが無いので、どのような「項目」に分類されているか知らないです。でも、「大小」「長短」「速い遅い」「広い狭い「高い低い」「多い少ない」の分類は想像できますし、「今後、記録が破られる可能性があること」という基準から考えて、世界中の誰かが、また「新記録」に挑戦してみたいと思う要素が含まれているので、なかなか興味深い内容も多い。私が面白く感じたのは「サンタクロース姿」ではなくて【りんごのコスチューム】、その記録名は【フルーツの姿をした最大集合人数】・・・303名もの人たちが同様のコスチュームで集合している光景はユーモラスで参加者たちの「笑顔」がとても素敵で嬉しくなってしまいます。

 

 こんな記録はとても地域の活性化に貢献しているようです。「ギネス・ワールドレコード地域活性化委員会」と銘打って、全面的にサポートしてくれそうですし、実際に2011年に石垣島で開催された「バーベキュー大会」では長さ107.6メートルの串焼きバーベキューが焼き上げられ、「世界一」とギネス世界記録に認定されているのです。さらに1万5千人もの参加者、全国的にテレビ・新聞で大きく報道され、その後の観光客誘致にも波及効果を示し、経済的効果は1億8520万円と「算出」されているのです。凄いですよね。さまざまな自治体が「ギネスワールドレコード」に参加意欲を示しているのが、とてもよく分かります。

 

 「ギネス世界記録」は300ページ弱の本ですから、どれだけの項目が掲載されているのか想像できますが、インターネットに掲載されていて「インパクト」のあった内容は、こんなものでした。私の勤務している中学校でも生徒たちがよく「紙飛行機」を折っては校舎の窓から飛ばしていることがあります。でも、どんなに4階の窓から飛ばしても、飛行距離は知れているように感じていました。でも、ギネス世界記録の飛行距離は「69.14メートル」ですから・・・どのように折れば良いのか・・・・本も出版されているし、【講座】も開かれているようですね。ただし、「A4用紙を切らずに作った紙飛行機」というルールがあるようです。乞う、挑戦!!

 

d0323161_22020552.jpg

 音楽関係ではこんな楽しい記録がありました。2011年に彦根市が挑戦した「一度に演奏する楽器の種類の多さ」では約200人の協力者が集まり、何と【181種類】の異なった楽器を使って5分間にわたり「合奏」し、見事「ギネスワールドレコード」に認定されています。この種類の多さにはびっくりしてしまいました。素晴らしいです。

 

 特にインパクトがあったのが「冒険家」に関する項目です。日本人は本当に「冒険好き」が多い民族じゃないかと思うことがあります。植村直巳は伝説の人になってしまいましたし、堀江謙一や三浦雄一郎・・・常人にはできない「冒険」ばかりです。その中に「昇地三郎」  (しょうちさぶろう)という名前がありました。その人物が達成した記録とは【公共交通機関を利用して世界を一周した最高齢者】なんと認定されたときの年齢は「106歳」です。昇地三郎は日本の著名な教育者である。私財を投じて日本初の知的障害児通園施設「しいのみ学園」を設立・運営し、その他数々の教育的活動て゛、スイスの有名な教育実践家の「ペスタロッチ教育賞」を受賞している。2005年に数えの100歳になった年から「世界一周講演旅行」を実践され4年連続で実践されたのです。もはや、脱帽以外にありません。この素晴らしい世界一周講演旅行は2012年に認定されていますが、昨年の11月27日に【冥土世界】に旅立っていかれました。

 

 私は紙飛行機も楽器演奏も世界旅行もコスチュームプレイにも興味があります。1915年にノーベル物理学賞を受賞したアメリカ人の「ローレンス・ブラッグ」は当時25歳でした。「最年少ノーベル賞受賞者」のギネス記録はこの人が持っています。ノーベル賞はもはや無理と言えるでしょうが、2007年に経済学賞を受賞した「レオニード・ハーヴィッツ」は90歳で受賞しています。日本人のノーベル賞受賞者は現在まで19人が受賞していますが、その内8人が近畿圏の出身です。川端康成・江崎玲於奈・山中伸弥の3人は大阪府出身です。大阪の風土、近畿の風情・関西の気質の中には「ギネス記録」も「ノーベル賞」さえも生み出す「才能」「知性」「意欲」が山ほど埋もれているという予感がしています。

 

 人生は「挑戦!」です・・・人生は「意欲!」です・・人生は【好奇心!】です

 そして【現実の中に夢が現れます】

 

 神戸にある理化学研究所の研究ユニットリーダーの小保方晴子さんは生物学の常識を覆す大発見「STAP細胞」を作り出したのです。彼女は語っています「最初は誰も信じてくれなかった・・今日1日だけはがんばろう。明日1日だけはがんばろう」と・・・・・・

 

PS:スーパーマリオゲームに登場する「クッパ」が実はギネス記録に記載されているのです。はてさて、どんな「記録」で掲載されているのでしょうか?

 011.gif024.gif024.gif035.gif076.gif085.gif082.gif056.gif

 

 

 

 


[PR]

by taira710 | 2014-01-31 22:15 | 人生こそ旅の連続!! | Comments(0)
line

人生は旅、仕事も遊びも旅さえも旅気分で楽しもう!!


by PEACENIK平ちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31