バレンタインデーには義理チョコでも大歓迎!嬉しいもんだねえ!

2014-02-17011.gif024.gif058.gif053.gif056.gif010.gif053.gif

 

 「義理チョコ」にしては高価すぎる・・・でも、男性陣はみんな貰っていたから・・・

    男は【単純な生き物】だから、純粋に嬉しい!!!・・・

 

d0323161_22093409.jpg

 2月14日は「バレンタインデー」だった。すぎのこ教室ではK先生がメッセージを書いて、生徒のひとりひとりに配っておられた。生徒の個性に合わせて「愛情いっぱい」のメッセージが添えられていて、生徒たちにとっては嬉しいプレゼントだっただろうなあと思った。女子生徒にもあげていたから、細かい気遣いがされている。私も病院勤務時代は、もちろん義理チョコも含めて幾つか貰った思い出がある。食べたことも無いような「美味しいチョコレート」をくれた女性もいた。懐かしい記憶である。今年は誰からも貰えないなあと思っていたら・・・・2月15日のテニスの反省会「水河亭」での談笑の後、素敵なテニス仲間の女性Mさんが「はい!バレンタインのチョコレート!」と言って紙包みをくださった。翌日、食べてみたが「生チョコレート」の美味しさに度肝を抜かされてしまった。こんな洒落たバレンタインチョコを貰えた事が嬉しく、ブログに残しておきたいと思った。

 

 バレンタインに関連したことなんて特に書きたいとは思っていないが、何か日本は「商人の発想」が記念日を作りたがるのか、本当に【記念日】が多いような気がする。特に若い女性陣が「記念日」を好む傾向にあるように感じている。チョコレートとバレンタインデーがセットになって日本に定着したのは1970年代で小学校高学年から高校生までの学生層を中心に広まったようである。日本の資本主義社会が成熟し、かつてない消費社会の到来が影響しているように思う。その後主婦層にも拡大し、ホワイトデーと共に日本文化として定着してしまった様相がある。

 

 ということは、私の中学生時代は「バレンタインデー」なんてものは無かったし、やっと20代のフリーターの頃に耳にした覚えはあるが、「チョコレート」とは全く縁がなかったように思う。病院に勤務するようになって、周囲が「看護婦さん(看護師)」が多かったこともあり、「義理チョコ」も含めてよくもらった。それまでは「明治」「森永」「モロゾフ」などのメーカーのチョコが全てだと思っていたが、とんでもない。特製のチョコレートをケーキ屋さんが製造販売していたりして、チョコレートがこんなに美味しいものだったとは、貰って食べるようになって、その味の差が「こんなにもあるんだ」とかなり驚いてしまった自分がいた。最近の中学生は熱心である。「手作りチョコレート」なんてものに挑戦する女子生徒もいるというから、時代も変わったものである。

 

 家内と娘は「バレンタインデー」なんてものには、もはや興味が無いのか、それとも「亭主」や「父親」にチョコレートをあげる日だとは思っていないのか、もう長い年数、チョコレートを手にした記憶がない。今日、中学校の職員室の私の机の上に「チョコレート菓子」がひとつ置かれていた。バレンタインなのか旅行のお土産なのかよく分からなかったが、本当に先生方は旅行が大好きな人たちが多いようで、本当によく机の上にお菓子が置かれている。・・・・今年は「本命」では決してないだろうが、予想以上に美味しいチョコレートをもらえて「テンション」を少し上げてもらえた。

 

 不思議な話・・・・幾つになっても「嬉しい気持ち」にさせてくれるものである。

 来年もきっと誰かがくれると嬉しいな・・・・・バレンタインチョコレート!!

053.gif010.gif016.gif053.gif012.gif056.gif053.gif 

 


[PR]

by taira710 | 2014-02-17 22:19 | 人と人との出会い! | Comments(0)
line

人生は旅、仕事も遊びも旅さえも旅気分で楽しもう!!


by PEACENIK平ちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31