紫外線は「紫色」の「外」の光? どんな功罪があるのか???

2014-07-03058.gif042.gif058.gif037.gif058.gif013.gif058.gif002.gif056.gif

紫外線の「有害性」を肌身で感じられるようになってきてしまった。これからの3ヶ月、「紫外線の恐怖」について考えてみたい!!!


 皆さんは1998年の「母子健康手帳」から赤ちゃんに「日光浴」を勧める記述が削除され、「外気浴」という表現に変わったことを記憶されていますか?それまで、日光浴が健康に良いとされていた理由は、紫外線が体内での「ビタミンD」の生成を助け、ビタミンDは「カルシウム」を合成するのに不可欠なため、紫外線の「害」よりも「益」が優先されていた時代が長く続いていたのです。ところが、日本人の経済力も上昇し、食物から十分なビタミンDを摂取できるようになり、それ以来、文部科学省も環境庁も科学的に立証されてきた「紫外線」の「害」に焦点を合わせ、問題提起し始めたのです。

 実は「看護師」を業として長年働いてきましたが、病院の仕事はほとんど病棟内・病室内で行われることが多く、知識としては「紫外線の有害性」について学んだことがありましたが、普段の生活でそれほど深刻に感じたことはありませんでした。ところが、学校の支援学級の介助員という仕事に就いてから、支援学級の子供たちの水泳のサポートのために「プール介助」としてプールに入る機会が増え、63歳では普段車椅子で過ごしている子供たちの水泳介助をし、64歳では泳ぎが苦手な子供たちのサポートをし、65歳・66歳と中学になっても泳ぎが苦手な子供たちのサポートをしていて、次第に「プール介助」の際の疲労の蓄積と「紫外線」に当たり続けることによる「身体的侵襲」の後遺症をまともに感じてしまうようになり、プール介助直後はそれほど感じないのに、起床時の「全身軽度火傷後」の疲労感のような「しんどさ」を感じる度合いが強くなってきたのです。

 小学校のときは授業時だけでなく、「夏休み」期間中のプール日の介助にも入り、介助員同士で話し合い、できるだけ連続して「介助」しなくても良いように、あるいは更衣した後に、2回目の「介助」が必要になったりしないように、「工夫」をしていました。「中学校」への異動が決まって、一番ありがたいと思ったことは「夏休み期間中のプール介助業務」が無かったことです。おかげで「日本列島縦断旅行」なんて計画も立てて実行することができました。ところが、今年4月から6人も支援学級の生徒さんが増え、実質的にも3名もの「増員」になったのに、介助員の増員は無く、12名もの生徒さんが所属しているのに、介助員は私一人だけなんです。6月30日から始まった、今年最初の「プール介助」の日は、また天気が良く、たった50分間の介助でしたが、なかなかの「疲労感」がありました。

 実は、今年の「プール介助」に関しては、異動発表前に責任者の方に相談していたんですが、「増員」が無ければどうしようもありません。昨年、本当に1年生にも2年生にも介助に入り、特に紫外線による「目の不快感」「涙目」などの症状が出て、来年引き続き「介助員」として働く場合、「プール介助」に関しては「相談」が必要だと感じていたのです。介助員の増員があれば1〜3年生まで毎週各3時間計9時間という長時間の介入はしなくて良いだろうし、もし女性の介助員の場合、本当に「水着着用」で介助まですることを要求されるんだろうかなど、いろんな「問題点」を感じてしまいました。ここは、はっきり、「公務員に準ずる扱いをされている臨時職員」の「待遇」の問題として、やはり「紫外線の有害性」について、はっきりと「立証」しておいた方が良いと感じているからなんです。

 普段から「すぎのこ農園」で炎天下に作業しなければならないことも多いし、通勤途上でも太陽光に当たっているし、もう十分に過剰な紫外線を浴びているのに、「業務命令」としてプール介助が指示されると、後は著しい身体的侵襲を余儀なくされる「紫外線照射」に間違いなくなるだろうし、事実、2回目のプール介助もプールの水による「紫外線乱反射」で、またまた顔面が黒く焼けてしまいました。ここで、紫外線に関して、もはや常識とされていることですが「解説」しておきたいと思っています。

d0323161_08554547.jpg

 まず、紫外線は「どこから生まれてきたんでしょうか?」「放射線とはどのように違うんでしょうか?」と「光線」に関しては様々な「疑問」が浮かんできます。紫外線の発生源は勿論「太陽」です。赤橙黄緑青藍紫という「可視光線」の「紫」の外側にある見えない波長の光という意味で「紫」「外」「線」という名前が付けられています。波長は可視光線より短く、UVR(ultraviolet ray)と呼ばれています。実は紫外線はUVAUVBUVC3種類に分けられます。UVCは最も有害な紫外線と言われていますが、そのほとんどがオゾン層によって「吸収」されてしまうので、今まで地上には届かなかったのですが、近年のフロンガスなどによる環境破壊のため、オゾン層に穴が開いたりして、南極ではUVCが地上に到達しているとされています。

 今までの常識レベルでも紫外線は「日焼け」を起こしたり,屋外に貼られているポスターを変色させたりすると言われていました。UVAは曇りや雨でも地表に到達し、窓も通過します。「真皮」まで到達するため、線維質を破壊し、「しわ」「たるみ」の原因をつくり老化を早めます。メラニン色素を作り肌を黒くします。私はかなり幼少時から「色黒」でした。この世に生れ落ちた時から「メラニン色素」が豊富だったのかもしれません。小学校の頃から高校まで本当に多くのあだ名を付けられていました。今は差別用語になってしまっている「土人」(どじん)から未開地の代表の「ニューギニア」アベベに象徴される「エチオピア」・・「クロマニオン人」なんて「黒」の語呂合わせもありました。アフリカを代表する「ホッテントット」もよく言われたなあ!! でも、正直、自分でも色が黒いことを自覚していたし、その頃はみんな「あだ名」があったので、イジメなんかとは無縁の世界で、気軽に呼び合っていたように思います。

 UVBは怖いです。多く浴びすぎると「免疫力の低下」「皮膚がん」「白内障」を引き起こすリスクが極めて高くなります。UVBは別名「レジャー紫外線」と呼ばれ、海水浴・スキー・ゴルフなどで肌が赤くなる日焼けを起こし、身体的侵襲力が強いので肌荒れは勿論のこと強い疲労感などのダメージを与えます。UVCは「最も危険な殺菌光線」と呼ばれています。オゾン層でカットされるから安心と思っていたら大間違いです。

d0323161_08552502.jpg

 最後に【光老化】という言葉について解説しておきたいと思います。紫外線が【皮膚】に当たると、細胞の中に「活性酸素」が発生します。その活性酸素が皮膚細胞にダメージを与えることにより、「深いしわ」「濃いシミ」を生み出します。肌の老化の原因の80%から90%はこの「光老化」によるものだと言われています。もちろん、皮膚は「修復能力」があります。ところが、四六時中「紫外線」を浴びていると、もう「修復」が追いつかなくて、「老化」や「皮膚ガン」などの修復不可能な状態を作ってしまいます。つまり紫外線照射を「蓄積」させない、懸命な「対応」が必要だということです。

 対策は「紫外線は360度どこからでも攻撃してくる」という真実を知っておくことです。日陰にいるからと「安心」していても、プールの水面、コンクリートの床、空気の分子などあらゆるものに反射して「散乱」しまくっているのが「紫外線」なんです。白い壁に反射する紫外線は「増幅」されていますし、たった「2分間」の照射で、皮膚の「コラーゲン」を分解する酵素を体内に産生してしまいます。掲載した「表」からも分かるように、年がら年中「紫外線」は降り注いでいますし、10時から14時が「危険時間帯」と言われていますが、それ以外に太陽の位置が低くなる「日の出」や「日の入り」の時間帯も紫外線が直撃してきます。標高が高くなる「登山」も1000M毎に10%増量していくと考えていいそうです。

 67年間生きてきて、他の人と比べて、かなり「多量」の紫外線を浴びてきた人生のように思っています。でも、今のところは「色が黒い」「しわが多い」という程度で済んでいますが「皮膚がん」「白内障」「免疫不全」等で辛い思いはしたくありません。眼科的にも皮膚科的にも紫外線の「有益性」はもはやゼロと言われています。眼精疲労やドライアイの初期症状が出てくれば要注意ですし、私の頭もかなり禿げ上がってきましたが、紫外線は髪の毛の「ケラチン」というたんぱく質を破壊し、頭皮の老化も進行させ【育毛力】も弱体化させてしまいます。抜け毛が多くなると要注意ですよ!!!

 紫外線にも「有用性」はあります。前述した「ビタミンDの生成」も、地球は広いですから、日本のような日照時間が安定し、食物も多い国ばかりではないので、骨軟化症の防止には未だに必要な地域もあるのです。偽札・偽造防止のために紫外線感度の高い蛍光インクを使用して、早期に見破れるように対策しています。パスポート・運転免許証などの重要書類はすべて採用されています。「害虫駆除装置」「火災報知機」さらに「紫外線天文学」など、活用範囲はありますが、何事も「過剰」はいけないことに十分に留意しておきましょう。

058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif071.gif049.gif041.gif
[PR]

by taira710 | 2014-07-03 09:02 | 人生をいかに生きるか! | Comments(0)
line

人生は旅、仕事も遊びも旅さえも旅気分で楽しもう!!


by PEACENIK平ちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31