<   2018年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


新事業所に竹内結子がやって来た!!

2018-08-29. さんきゅう寿司は大好評!

人を「仕事」に誘なう力は「まごころ」

事務所見学が即入職希望に!!


人間と人間との出会いは考えれば考えるほど不思議だ。今までいろんな仕事を経験しながらいろんな人に出会って来た。でも、有難いことに「かけがえのない人」に数多く出会えて来た事だ。6月1日からスタートしたヘルパーステーションを開設してからのスタッフやご利用者との出会いもまた楽しさが続いている。
d0323161_23020942.jpeg
仕事の依頼も増え、所長が「もうそろそろ新しい人採用したいですよね!」なんて言い出すものだから、私も介護初任者研修で知り合ったメンバーに打診などしてみたが、新しい事業所に採用するには、所長はじめ、女性スタッフとの相性が一番大事だ。そんな折、同僚のSAYAKAさんから「8月29日に介護実務者研修会で知り合った女性が事務所の見学に来てくれます!」というメールが入ってきた。
d0323161_23025170.jpeg
私が介護初任者研修で知り合った中にも素晴らしい人達が多かった。でも、一緒に働くとなると審査が厳しくなる。ヘルパーという病や障害を抱えた人達相手の仕事はやはり何処かで価値観や人間観さらに「介護観」も共通している事を願いたい。その点、今の3人は指導される事はあっても意見が対立する事は本当に少ない。
d0323161_23030909.jpeg
生き方、仕事の仕方に「理念」がある事は大事だ!だから29日に見学に来られる女性の事はとても気になっていた。SAYAKAさんに人柄を尋ねると「とても笑顔が素敵で良く笑う女性ですよ!」という一言を聞いてとても安心することができた。「笑顔」は人間関係の潤滑油だ。笑顔があれば、大抵のことは上手くいく。

29日の今日、11時にその女性は、所長とSAYAKAさんと一緒に事務所にやって来た。私は水曜日は休みなので、その女性と社長を入れての「食事会」に参加する予定で、ちゃんとした服装で参加させてもらった。第1印象は誰かに似ているなかなかの「美人」だ。事務所内の説明をしながら、いろんな話をさせてもらった。
d0323161_23032949.jpeg
新事業所のアピールポイントは一杯ある。先ずは事業の中の人間関係が本当に楽で楽しい。そして、白板のスケジュール表を見てもらって、開設3ヶ月目にして、事業が軌道に乗り始め、今後も仕事の依頼があり続けること、そして、仕事場の雰囲気はシンプルで裸足で仕事ができ、またリフレッシュした後にご利用者宅に行ける事だ。気分一新が嬉しい。

見学者の女性はMEGUMIさんだ!正面切って会話をさせてもらったが、一瞬ドキッとする程美人に見える・・・「女優の竹内結子に似てますね!」・・子供さんが二人おられるが、もう高校生の年齢だそうだ。「給与の多寡」「休日の多さ」も大事だが、やはり働き甲斐とストレスが少ない職場環境である事が何よりも重要な要素だとアピールする。
d0323161_23040268.jpeg
丁度、昼食時間になって来たので、本部の社長を誘って昼食に出かける事した。MEGUMIさんは強烈なパクチーが唯一苦手と話し、美味しい料理とお酒が大好きと話される。4人の共通点は完璧だ。千里丘の「さんきゅう寿司」は何度も訪れているが、あの店の寿司ランチは安くて値打ちがある。

丁度昼時間に掛かってしまったので、テーブル席は確保できなかったが、カウンターが5席空いていたので、そこで食事する事にした。寿司ランチは全員に好評だったし、社長も一生懸命にアピールしていた。

最後に一言「ヘルパーの仕事は4Kと言われて、きつい・汚い・危険・給料安いと言われるんですが、退職される理由は人間関係なんですよ!ヘルパーの仕事は感激・感謝・感動があり
「クリエイティブ」な仕事でもあるんです。これから業績が上がれば、必ず給与に反映されていく期待感が有りますし、何よりも楽しく仕事ができることが一番ですよ!」・・・
d0323161_23042374.jpeg
MEGUMIさんは店を出るなり直ぐに、社長に「決めました!宜しくお願いします!」の入職希望を口にされた。何が決心ポイントになったんですか?の所長の質問に「私の仕事に対する不安を全て解決して下さったことです!」と一言で話されていた。嬉しい決心だ。

後1ヶ月間は「歯科助手」の仕事が残っていて、10月1日から出社させて欲しいと希望されていた。後はバイクを使うか、電動自転車にするか・・・折角の期待される新人だ!乗り慣れないバイクで無理はして欲しくない!彼女なら直ぐに戦力になるだろう!竹内結子がいる事業所は大きな魅力だ。今年一杯ば頑張れそうだ!
d0323161_23044878.jpeg
入職決定祝いは早速、事務所にフルフルのいちじくケーキなどを買って、コーヒーを飲みながら開催させてもらった。次回は10月に新人歓迎会だ。


[PR]

by taira710 | 2018-08-29 20:47 | Comments(0)

ANJUの乳歯がぬけちゃった!

2018-08-25 TAKEちゃん66歳の誕生会!!


焼酎「朝日」と「すだち焼酎」がドッキング!

「鰹のたたき」を振舞って喜んで貰えた!


今宵は水河亭でタケちゃんの誕生会が予定されている。最近は午前中のミラクルのテニスを楽しむだけで余力が無くなってしまい、午後のラブのテニスに参加する機会は随分と減ってしまった。今日のミラクルには珍しく1年ぶりにNISHIZAWAさんが参加していたし、MORIさんもいて、ミラクルの雰囲気はとても楽しくなって来た。
d0323161_21453976.jpeg
午前中の3時間テニスで十分だったが、お昼に和美さんの熱々きつねうどんを頂いて暫く仮眠していた。14時を回って、アイスボックスにカツオのたたきとたっぷりの氷剤を入れて、銀紙剤で暑さを塞いで出掛けた。
d0323161_21460782.jpeg
鳥飼体育館の中は31度で、ブラインドが壊れてあちこちから太陽の強烈な光が差し込むので、テニスがとてもやり辛い。私の左目の白内障の症状はなかなか重症で、片目でテニスをやっているものだから、左側にボールが来ると瞬時に距離感が図れなくて空振りをしてしまう。それでも、最後まで7人のメンバーが残りテニスを満喫することができた。

買い出し先のオークワに向かうと、瑞枝ママとANJUがテーブル椅子に座って待っていた。ANJUを抱き上げてハグさせてもらう。ANJUに何か大きな変化があったとの事。益々可愛くなって魅力的だ。よく見ると前歯の乳歯が2本抜けてしまっている。「抜けた歯はどうしたの?」「喜界島のお爺ちゃんにあげるの!」喜界島にも独自の風習があるに違いない!
d0323161_21594250.jpeg
買い出しを終えて、水川亭には8人のメンバーが揃った。トロ鯖寿司、横綱巻きに始まり、たっぷりサラダが嬉しい。大根の漬物を胡麻油で炒り付けたアテがクセになる旨さがある。モズク酢、メカブ、そして鉄板の上には鶏肉にズッキーニ、ナスの煮物が美味しい。 
d0323161_21475162.jpeg
そして、持参した鰹のたたきを調理して提供!鰹のたたきの苦手なメンバーもいたが、タケちゃんとANJUがとても喜んで食べてくれたので、苦労して持参した値打ちがあったというものだ!
d0323161_21464680.jpeg
瑞枝ママもANJUも楽しそうだ。瑞えだママは喜界島のお土産にあの有名な焼酎「朝日」を!私は徳島から「すだち焼酎」を持参させてもらった。一挙に2本の焼酎が揃う!嬉しい事だ。流石に「朝日」は美味い。「すだち焼酎」も試飲してみたが、これもまた爽やかな味わいだった。
d0323161_21484888.jpeg
珍しく調理をするSUEBONの真剣な姿
d0323161_22000492.jpeg

ついつい水河亭を訪問すると食べ過ぎて飲みすぎてしまう。居心地抜群の私設居酒屋だ!一緒に持参した「カツオの厚削り」は醤油をかけて口にしてみたが、もう一つぱりぱりで味気なかった。きっと美味しく食べる方法があると思われたが、思いつかなかった。
d0323161_21470757.jpeg
アイスクリームとあずきのデザートを食べて満足!満足!ANJUも満腹の様子だ!会話もたわいもない話で盛り上がる。ANJUは来年やっと小学校1年生だ。お母さんのと会話でどんどん知識を集積していることが感じられる。さすがに高知県がどこにあるか分からなかったが、顔つきも良いし、顔の輪郭も面長になり、益々「女の子」に成長している。
d0323161_21500759.jpeg
摂津南駅まで見送ってさようならした。次は10月に水河亭で会いましょう!と約束をした。また、ANJUと楽しい時間を共有できる日を楽しみに、仕事に頑張って行こう!
d0323161_21504850.jpeg

[PR]

by taira710 | 2018-08-26 10:00 | Comments(0)

加齢による勘違いで超ラッキー!!!

2018-08-21 徳大の青年との出会い!

高速バスの中でホテルから連絡が・・・!!

ずっこと世志香のお土産はとても嬉しいものばかりだった!
 
実は高知から徳島までの列車内で、徳島での宿泊先を探していたが、禁煙&シングルだとなかなか見つからなかった。YOSHIIにも頼んだら、理想通りの駅近にあったのが「ホテル・アグネス徳島」だ。「へえっ!ラッキーやなあ!」そのホテルは徳島駅からたった1分で、フロントからレストランの対応も申し分なく、更に翌日の朝食が本当に美味しかったことだ。
d0323161_16082871.jpeg

ただ、大浴場は道路向かいのホテルに行かないといけないが、私はそんなに風呂好きではないので、部屋で済ませていた。私から徳島から高速バスで帰阪する事を提案したが、YOSHIIも賛成で、切符のネット申し込みも済ませてくれていた。
d0323161_11041980.jpeg
10時ジャストに徳島駅前にある高速バスターミナルから出発予定だったのが、どこかの弓道部の女子大生などが多くて、2台目のバスも発車してくれて、車内はゆったりしていた。ところが、私の席は2Bで、まさか2Aに人が座るとは思っていなかったのに、発車直前に丸坊主の若い青年が座って来たのだ。隣も後ろも空いているのに「何?」という感覚が残る。
d0323161_10484353.jpeg
バスは順調に発車、隣のお兄さんは大きなカバンを持っていたので、「ビジネスマンは大変ですね!徳島に出張だったんですか?」と話しかけると「徳島大学の医学部の学生です!」との事。それから暫く会話に付き合っていただいた。大阪の難波で「放射線技師の試験」があり、大阪に2泊するとの事。
d0323161_10490651.jpeg
私が看護師で、今もヘルパーステーションで働いている事を話すと、ますます話が盛り上がった。ごく最近にバイクの免許を取得したのでツーリングするのが楽しみですと話されていた。お酒も好きだが、大学ではクラブに入っていないので、飲む機会はすくないですと話す。真面目なんだ!
d0323161_10502789.jpeg
そんな会話の最中に後ろの座席から「親父!スマホ、ホテルに忘れて来たやろ!」「いやあ!持ってるで!」とポシェットの中のスマホを見せると「何でや?今、アグネスから電話があって、218号室にスマホが忘れられていますと連絡来たんやけどな?」・・・「ええっ!ひょっとしたら業務用スマホか?あれだけ部屋を出る時に点検したのになあ?」私が収納したと思っていた場所を点検すると「無い!」・・・明後日から仕事やのに!アホな!
d0323161_12381183.jpeg
「ホテルの人に速達便で着払いで送付してくれるように依頼しといたで!」ありがたい息子の配慮!バスは予定通り進行していく。鳴門の高速道路のバス停から4人の女性が乗車して来て、空席だった席に座っていた。やっと学生ABEさんと隣り合わせに納得が出来た。少し渋滞した箇所があり、予定より少し遅れて12時44分に大阪駅のバスターミナルに到着!
d0323161_12383847.jpeg
2時過ぎに自宅に帰り着くとほぼ同時に和美さんが来て、高知からのYOSHIIの荷物も届く。やっと宅配業者も最盛期を過ぎて一段落した様子なのかな!極めたスピーディーだ!YOSHII は山ほどの干物類・乾物類と焼酎や日本酒を3本も配送依頼していてビックリ!
d0323161_12385409.jpeg
そして、自分の荷物を整理しながら、貴重品を入れていた引き出しを点検していると、旅行の際に茶色のポシェットに入れていて盗難に遭ったと思っていた保険証に高齢者受給者証、更にマイナンバー通知カードも全て自宅に残っていた。入れ忘れていたのだ!何と嬉しい勘違いだ。早速、福山東警察署の庶務課に連絡して経過を報告させてもらった。ただ、ジパング会員証は再発行に1050円が必要になるし、失効手続きは出来ないとの事。
来年まで暫く旅行の予定はない。
d0323161_12391131.jpeg
夕方にテニスに行こうか迷っていたが、夕食に和美さんの料理とビールを飲んでいたらどっと疲れが出て、結局翌朝まで寝入ってしまった。
d0323161_12393881.jpeg
翌日の2時過ぎに私が依頼していた荷物とアグネスホテルから小包便で置き忘れていたスマホが配送されて来た!これで明日の仕事に支障が無くなった。しかし、あれほど点検したのに・・・分からないなあ???年寄りの勘違いは処置無しや!
d0323161_12523450.jpeg
結局、自己責任で不愉快な思いをしたが、18日から20日まではジパング会員証でも割引が効かないし、徳島からは高速バスで帰阪したので実損なし。電気カミソリは高知のコーナンで2580円で購入できたし、ジパング会員証の再発行、更にスマホ配送代金807円の合計4437円が実損だった。後の薬類は予備が幾らでも有ったので、あんなドジをした後にしては、実害が少なく、正直ホッとしている。
d0323161_12425228.jpeg
徳島駅で依頼したカツオのたたきは高知県から配送されて来た!

明日からまたヘルパーの仕事が待っているが、本当に勘違いや物忘れや加齢に伴ったマイナス要因が間違いなく増えている。本人の自覚はあっても忘れてしまうのだからタチが悪い。まず、他人様に迷惑を掛けないように努力しよう!
d0323161_12440987.jpeg
 旅行とテニスの為に注文した手扇はオランダから発注され中国から配送されてくる。アマゾンは本当に世界規模だ!

それにしても、今回の家族旅行も高知・徳島旅行も台風の接近やいろいろ心配事があったので急遽決まったようなものだが、高知での友人との再会も仕事のオフの時間がうまく取れたし、天候にも恵まれ、盗難に遭ったと思っていた貴重品が家に置き忘れていて、実害は極めて少なく総括としてはとても充実して楽しかった。ちょっとドジな体験も記憶に残りやすい旅として印象深い!
d0323161_12443119.jpeg
仕事場に調理して持参したカツオのたたき

[PR]

by taira710 | 2018-08-22 14:43 | Comments(0)

牧野植物園は自然との調和を計算し尽くしている!

2018-08-20 徳島ラーメンの独自性に脱帽!


「竹林寺」には「男用」の御神籤がある!


「徳島」の路地裏の名店「まんま」の大将に乾杯!!


私は大阪植物観察会という研究会に所属して、もう7年近くになるが、ただただ自然を散策し、植物の繊細さや独自性や機能性に驚かされる事を純粋に楽しんでいる。会員数は120名を超えて、毎月2回の例会がある。そんなメンバーと色々話している中で「牧野富太郎」という人物の名前は頻繁に耳にするし、高知にある「牧野植物園」には是非一度行ってみたい!という声を何度か耳にしていた。
d0323161_16493294.jpeg
そんな経過があって、高知県への旅は単純に看護学校時代の仲間と再会したかっただけだが、るるぶ四国を読んでいて「牧野植物園」の事を思い出し、よし、この機会に是非訪れてみようと思い立ったのだ。ありがたいことにチェックアウトした後もスーツケースをホテルに預かってもらえた!
d0323161_16500413.jpeg
高知駅バスターミナルから「MY遊バス」が五台山展望台・牧野植物園・竹林寺経由で桂浜まで行ってくれる。たった600円でその路線は乗り降り自由だ!一見安いようだが、一箇所しか興味がないと随分と高い。バスは五台山の急カーブを登って行く!結構、神経を使うカーブだ!五台山展望台付近は見事に視界が開けていたので途中下車したかったが、牧野植物園での散策時間が削られるので、直行した。
d0323161_16504313.jpeg
五台山は自然に溢れている。その中に牧野植物園は存在していた。牧野富太郎は1862年に高知県の佐川町に生まれ、植物をこよなく愛し研究する人生を送り、1500種類以上の植物の名付け親にもなっている。正面入り口でチケット購入、MY遊バスのチケット提示で100円も割引、620円で入園できる。
d0323161_16511702.jpeg
道は何処も優しいカーブを描いていたり、凹凸があり、自然を取り入れて強調しているのが分かる。牧野記念館には彼の業績が細やかに展示されていたが、先ずは植物との出会いだ!驚いたのが、どの植物にも丁寧かつ細やかに植物名や特徴を記したプレートが必ず置かれていて、とても有り難く感じるし、更に嬉しいのが「咲いています!」「実を付けています!」と丸いピンクやグリーンの札が特別に設置されていることだった。
d0323161_16522610.jpeg
その札があることで、うっかり通り過ぎてしまったら、見逃してしまうことが随分と少なくなることに気付かされる。流石に珍しい耳にした事がない植物が多いが、もちろん、馴染みのある名前もあちこちに出て来る。
d0323161_16531304.jpeg
100枚以上の植物の写真を撮ったが、全体的な景色もまた素晴らしい。そんなに丁寧にされていても、植物が数種類密集していると、どの植物がどのプレートなのかが分からなくなる。ある大きな実を付けていた植物の側で悩んでいたら、アメリカのミネソタ州から来ていた研究生を引き連れていた牧野さんという女性が通り掛かられたので尋ねてみた!その植物の名前は「ヒオウギ」だった。
d0323161_16543429.jpeg
「温室」の中の世界もまた独自性に溢れていた。1メートル以上もある大きなハス科の植物の種類が多い事!そして黄色い花の名前も分からなかったので、南園ゲートのスタッフに尋ねると検索作業をしてくれて「オミナエシ女郎花」と確認する事が出来た。なかなかサービス精神が旺盛だ!
d0323161_16550612.jpeg
竹林寺にも行き、男と女用に分けられていた御神籤を200円で引く。「吉」で真面目に仕事に励みなさい。必ず報いられますなど記載されていた。「失せ物」に関しての記載は無かった。
d0323161_17164619.jpeg
d0323161_17172207.jpeg
ヨシとは高知駅で合流し、南風19号に乗車、阿波池田で徳島線の普通電車に、乗り換え、16時23分3時間10分かけて徳島駅に到着した。徳島線は吉野川に沿って敷設されていて、乗り心地は良く、学生が多くほとんどスマホの画面を覗いていた。
d0323161_16555051.jpeg
徳島駅に着いた時、私は空腹だったが、YOSHIIはマッサージに行くとのこと。徳島餃子を食べたかったが、まだ開店していなかったので、目の前にある「王将」で餃子を3人前も食べてしまいました。そして、私はネットでやっと確保出来た駅近のアグネスホテル218号でのんびり過ごし、午後8時半から両国橋方面に新たな出会いを求めて出掛けました!
d0323161_16563745.jpeg
d0323161_16570865.jpeg
両国橋の路地裏にあったのは「旨いもん処*まんま」だ。7〜8件の前で値段と雰囲気を検討し、自分の感に頼って店を決める。カウンターだけの店だが、年配の大将が一人で切り盛りしている様子。先客は一人だけだった。先ずは生ビールで喉を潤し、突き出しに出て来たのがなんと「ハモの子」だ。京都のハモは八割が徳島のハモですよ!と話される。そして、どうしても食べたかったカツオのたたき塩バージョン・・・目の前で炙ってくれる!
d0323161_16573711.jpeg
「淡路玉葱の丸焼き」「オクラポン酢」「タチウオの炙り」そして、嬉しかったのが赤でも黒でもない「白霧島」という名焼酎!そして、時間を忘れるほど楽しかったのが大将「岩崎和美さん」との会話だ。
d0323161_16592875.jpeg
昔はコンピュータを扱いシステムを構築し、転職してからは料理人を雇っての起業だ!香川県出身だが、各地で美味しいものを食べてこられたようだ!・・・でも、人が離れて行き、今は此処で店を開いて、素人ながら頑張ってますと話される。
d0323161_16580951.jpeg
d0323161_16583804.jpeg
政治の話から阿波踊りの総踊り中止の話や、麻生のガリンペイロの話など、YOSHIIも参加して大いに盛り上がる。そして、お愛想した後は、やはり「徳島ラーメン」での締めだ!通りすがりで出会った若者に尋ねてみたら、私はすっかり忘れてしまっていたが、5年前にもたべたことのある「東大」という店を教えてもらえた!「徳島ラーメン」最高!そして徳島餃子も文句なし!
d0323161_17000004.jpeg
d0323161_17002670.jpeg
ホテルに戻った時は、午前0時近くになっていた。明日は午前10時の高速バスで帰阪の予定だ!本当に充実した3日間だった。

[PR]

by taira710 | 2018-08-21 06:08 | Comments(0)

「ずっこ」も「世志香」も3人のお母さん!!

2018-08-19 よさこい踊りのアンコール!


久し振りに「ずっこちゃん」とデート気分ノリノリ!

「漁ま」の釜飯は史上最高、間違いなし!


d0323161_07100853.jpeg
8/19の鞆の浦の朝焼け、5時32分

嫌なことはさっさと済ませておこう!盗難に遭うといろんな事後処理のために受理番号が必要になる。家族より一足先に送迎バスに乗り、警察官のFUJII さんの立ち会いの元、現場検証を行い、写真も撮られてしまった。「犯罪を助長するような馬鹿な真似はやめて下さいね!」と一喝されてしまった。人間を見たら犯罪者と思え・・・なんてなかなか思えないが、やはり軽率さを反省しないといけない!1時間弱だったが、かなりスムーズに処理してもらえた!
d0323161_07105759.jpeg
高知行きにはYOSHII も同行することになった。「息子との二人旅12周年記念」は高知・徳島旅行に決定だ!切符は予定の時間で購入出来たのでホッとした。サンマルクで和美さん、TOMOと再会し、二人で広島に旅行しようと昨夜決めたらしい!ウンウン、楽しむことは良いことだ!
d0323161_07113384.jpeg
12時5分発の高知行き特急「南風9号」は瀬戸大橋を渡り、大歩危・小歩危の景観を左に見て、缶ビールと穴子&鯖寿司を食べている間に閑静な高知駅に14時42分に到着、駅横にあったコーナンで電気カミソリを購入、随分ジョーシンより安い!ずっこにラインで到着した事を連絡し、ずっこから誘われて、今宵の食事会にはYOSHII も参加する事になった。YOSHII も私と同じ高知パシフィックホテル604号室に宿泊予約をしていた。私は907号室だ。
d0323161_02025494.jpeg
ずっこちゃんとは平成20年の同窓会以来だ。彼女の愛車「黄色のシエンタ」でまず県立美術館のシャガールの作品を鑑賞しに行く。やはりシャガールは好きなタッチだし、今だに想像力を刺激してくれる。20点ほどの作品しかないが、中でも「 オルジュヴァルの夜」という作品は私の目を魅了してくれた。嬉しい事にその作品の絵葉書があり、購入させてもらった。
d0323161_07480298.jpeg
次は高知城だ!ずっこが歴史博物館とのセットで駐車料金が安くなるらしいと探していたが、全く別の場所にフリー駐車場がある事が分かった。高知城は下から見上げるとなかなか存在感がある。偶然出会った高校生の女の子に依頼した1枚は抜群の構図だった。でも、入り口まで辿り着いたら、本日の天守閣への入館は4時半までで、天守閣には辿り着け無かった。でも、また高知に来れる口実が一つ無かったようなものだ!
d0323161_07193638.jpeg
「ひらき市場」はまさに屋台村だ。諸外国の外人も入り乱れての居酒屋天国で、藁焼きカツオのたたきのパーフォーマンスがなかなか迫力がある。今宵はご馳走尽くしだ!からグッと我慢して見学だけにする。天神商店街の椅子で一休みしていると、どこからか鳴子の響きと「よさこい踊り」のミュージックが大音量でかかり始める。
d0323161_07201208.jpeg
なんと嬉しい事に、商店街のど真ん中で午後6時から「よさこい踊りアンコールの夕べ」という催しが開催されるのだ!めちゃ、ラッキー!ずっこちゃんも興奮気味だ!ハッピが顔に当たるほどの距離で3組の集団が踊りを披露してくれる。身体が踊り出してしまう!約束の時間が近づきつつあったので、YOSHII をホテル前でピックアップして、予約してくれている「漁ま」という店に直行!
d0323161_07205594.jpeg
 
d0323161_07271143.jpeg
魚介料理専門店とでも言うべき店は広い駐車場を抱えて、店内は超満員!カツオのたたき2種類と釜飯4人前はオーダーしてくれていて、後はオプションで好きな物をとの段取り、いやあ、もう説明はいらないくらい、オーダーして出て来る料理は質・量とも申し分なし。
d0323161_07312258.jpeg
d0323161_07211915.jpeg
話は盛り上がり、笑い転げ、大阪の清美や恵美に突然電話して言いたい放題。YOSHIIも大いに気に入った様子。この店の釜飯は尋常の味じゃない。まさか釜飯の最高峰が高知に存在していたとは!店のメニューが余りにも多く写真に撮り損なってしまったが、どの料理も一工夫が施されていて、満足度が高い。
d0323161_07214982.jpeg
d0323161_07484185.jpeg
世志香が18歳、ずっこも18歳、私が33歳で、高知県から出て来た二人は、看護学校になんでこんなおっちゃんとオバちゃんがいるのんと驚いたと暴露話。それにしても京都植物園に連れて行って、浅香山のメンバーに可愛いがられていたYOSHII ・・・彼女達の子供さん達も一級建築士になったり東京に嫁入りしたり、一人前の社会人になってしまっている。
d0323161_08410638.jpeg
私からも鞆の浦の名物を2種類お土産に持参したが、二人からも心尽くしのお土産を頂いた!名残は尽きないが、明日、二人とも仕事だ。ずっこもヨシカも本当に人生を頑張っているし、楽しんでいる。
d0323161_07224054.jpeg
d0323161_07230008.jpeg
世志香はトヨタ「ノア」を運転して去って行った。「来年、大阪で同窓会開いてね!絶対に行くから!」との約束!ほんまにあの頃の個性的なメンバー全員と再会したいものだ!ありがとう、最高の歓待をしてくれて!
d0323161_07435035.jpeg
d0323161_08394956.jpeg
d0323161_07242507.jpeg
走る去る「ノア」その後ろには花嫁衣装を扱う株式会社「ひがき」の文字看板が!!!
d0323161_07460305.jpeg
d0323161_16451877.jpeg
世志香の「ノア」のナンバープレートの番号と私の携帯番号が「1182」いい奴で重なっていて嬉しい感動が有りました!

[PR]

by taira710 | 2018-08-20 05:57 | Comments(0)

久し振りの家族旅行・・油断大敵!

2018-08-18 福山城には魔物がいた!

ホテル「鷗風亭」には名仲居さんがいた!

「仙酔島」の遊歩道の先にあるものは?

 
朝から快晴で気温もここ2〜3日猛暑から解放されて、とても凌ぎやすくなってきた!家族旅行にはもってこいのお日柄と言える。昼食は新大阪駅で好きな駅弁を購入してビールで乾杯と約束していた。私は柿の葉寿司と鯖寿司&焼き鯖のセットと缶ビールを2本購入、TOMOは幕の内、YOSHIIは551のシューマイ10個入りを買ってきていた。和美さんは相変わらずご馳走の前には食べないと言う。
d0323161_05550238.jpeg

のぞみ9号博多行きは指定席も自由席も満杯だった。良く4人座りの席が確保出来たものだ。11時42分発で目的地福山には12時44分には到着する。551のシューマイは大ぶりで食べ応えがある。寿司も中々のものだ。鱈腹飲んで食べてする内に、福山に到着だ。
d0323161_05561131.jpeg
福山城は新幹線の駅に隣接する立地に聳え建っている。青空に映えた天守閣は中々見事なものだ!スーツケースを引っ張りながら、いざ、急坂になっている追手門への道が大変そうなので、スーツケースは石碑の後ろに隠すように置かせてもらった。まあ、天守閣に登るだけだから30分程だし、ベルトはかけているし、こんなスーツケースに悪戯する人間もいないだろう・・・
d0323161_05461713.jpeg
天守閣からの眺めは福山市を360度俯瞰できる。快晴なので、遥か四国まで望む事が出来た!穏やかな街並みが素敵だ!城内には外国人家族も来ていたが、出会った人たちは15人程で、観光地にしては閑散としていた。ところが、その石碑の場所まで戻って来たら、何とスーツケースが開け放たれて、何と薬類や健康保険証などを入れた茶色のポシェットだけが抜かれていたのだ!あああ、こんな閑散としている福山城に悪意に満ちた人間がいるなんて!
d0323161_05472507.jpeg
油断大敵、こんな静かで穏やかな地方に置き引きや窃盗を生業としている最低の人間がいるなんて!でも、その人間の不幸を呪いながら、気分転換だ!ふざけた野郎に同調していては家族旅行も友人との再会も台無しになる。ホテルへの送迎バスが14時40分に出発するので、近くの「胡町えびすまち交番」に盗難届を出しに行ったが、ボックスは留守で、本署に電話しても電話だけでは受付が出来ないと言われる。
d0323161_05480798.jpeg
これからの予定もあるし、今日は土曜日なので役所は失効届けも受け付けてくれない。手遅れにならない事を祈りながら、先ずは送迎バスに乗車、鷗風亭は瀬戸内海に面した最高のロケーションにあった。スタッフの接客態度がまた丁寧だ!部屋担当は男性で「新土井」さん、矢張り学生時代は「しんどいなあ!」といじられまくったとの事。夕食時間は6時半からとし、仙酔島に散策に行く事にした。歩く事10分弱、渡船料金は往復で240円だ。もう30年以上前に病院の同僚と来たことがある。国民宿舎に宿泊して、料理ががっかりだった記憶が残っている。

d0323161_07102420.jpg
仙酔島の遊歩道は島の周りに続いている。歩く事20分ほどで独り占め出来そうな海水浴場がある事が分かったが、太陽が強烈に降り注ぎ、奇岩からこの島ができていることがわかるだけで、景色の変化も次第に単調に感じて来てしまう。

鞆の浦の街中を散策しながらホテルに帰り着くが、鞆の浦には赤提灯が見当たらない!ホテルの屋上に位置する屋上露天風呂は701号室から直ぐだ。洗い場は二人分のスペースしかないが、その開放感と刻一刻変化していく景色は中々のものだ。
d0323161_05500767.jpeg
そして「夕食の時間」サーブしてくれるスタッフが若い!その中に一人の女性が・・・料理に関する説明が丁寧だ!余りにも興味を惹く存在なので話しかけさせてもらった。何と景勝館から引き続いて50年以上勤務されている、御歳80歳を超えておられる刀の鍔の「鍔井つばい」さんだ!
d0323161_05503021.jpeg
色とりどりの先付けに始まり、鮑とアワビ茸のジュレ乗せは美味い。刺身は大きな器にカラフルに盛り付けられている。鯛しゃぶも美味いし、肉料理も提供される。一人2万5千円を超える宿泊代だから、矢張りこのレベルの料理は提供してもらわないと!シェフは50代の落合さんという方らしいが、「鯛コロッケ」の旨さはずば抜けていた!
d0323161_05505953.jpeg
生ビールは美味いし、福山名物の「保命酒」のストレートは強烈な甘さだ。薬膳酒の一種でかなりの歴史があるらしい。福山名産のクワイを材料にした焼酎「福山そだち」は優しい味と思いきや、完璧な辛口!私達以外に10卓ほどのテーブルで多くの人たちが食事されていたが、最後の最後まで楽しんでいました。
d0323161_05512778.jpeg
私は早々に就床、他の家族は会話に盛り上がっていましたが、明日は高知までの旅が続きます。

[PR]

by taira710 | 2018-08-19 03:07 | Comments(0)

ヘルパーの仕事を始めて感動した体験ばなし!

2018ー08ー09 まさかの原子心母!

やはり「ヘルパー」はやり甲斐のある仕事だ!


「話せない」「話さない」から知能が低いと考えるのは、それは偏見に過ぎない!


私の人生でフリーターは7年、看護師は通算36年、介助員は4年経験してきた。今年になってヒョンな人間関係から「ヘルパー」という仕事に就業した。入職前の2ヶ月間に、ヘルパー業務に関連した4資格を取得した。6月1日に開設し、新事務所で看護師の資格を持ちながらも「ヘルパー」として従事、有難いことに、驚く程順調に仕事の依頼もあった。
d0323161_06043950.jpeg
早2ヶ月が過ぎ、買い物援助に始まり、昼食調理から胃瘻注入や吸引介助など様々な業務と、数人のご利用者との交流が始まった。看護師との距離感も違うし、仕事な内容も「自立支援」だったり、「生き甲斐支援」の要素が多分に有り、支援もご利用者のご自宅で支援する事が多いので、本当に独自性が有る。

一番最初にヘルパーとしても訪問させて貰ったのは28歳の知的障碍が有りますと言われていた青年だ。お母さんが仕事に行かれるので、その間、看護師が介入したり、ヘルパーが入ったりしている。作業所まで行かれていたのに、転居を契機にほとんど外出を拒否されるようになってしまわれた経緯がある。
d0323161_06080518.jpeg
彼が自衛隊とポストに関心がある事が分かったので、お母さんや事業所スタッフと相談して、外への意欲や対人関係の改善の為に「手紙作戦」を実施して見る事にした。私は日本列島縦断旅行をした事があるので、全国に多くの女性と交流させて貰ってきた。だから、全国からMさんに手紙を出して見る事したのだ。「騙す」という事ではなく、一冊の本を読んだり、一通の手紙を読んだりする事で「意欲」を導き出す作業だ。
d0323161_06204497.jpeg
Mさんの反応は予想以上だったし、会話やボキャブラリーの数も驚く程増えてきた。散歩を兼ねた外出も自主的にされるようになって来た。後はスムーズな遠方の病院までの通院などだ。課題は多く残されている。
d0323161_06084184.jpeg
Tさんは87歳のおばあちゃんだ。娘さんが同居されているが、娘さんも肝臓などの病気が有り、Tさんの食事の調理が必要なのだ。幸い私は料理する事が苦ではない。仕事として自分の能力を生かせる事は嬉しい。5回ほど訪問して調理させて貰ったが、ご高齢で本人も薄味が好きですと言われるので、美味しさを損なわない範囲でギリギリの薄味で調理させて貰った。
d0323161_06085818.jpeg
d0323161_06212251.jpeg
「卵とじうどん」「和ダシカレーライス」「中華風野菜あんかけ丼」「オムライス風焼き飯」などを調理させていただいた。嬉しい事に、どの日も完食して頂けた。テニスクラブの仲間宅でもよく調理していたが、やっぱりテニス後は調理よりも飲む事、食べる事が優先する。でも、この71歳にして、自分の料理を喜んで食べてくださり、さらにお金まで払っていただけるのだから、言葉に表し難い喜びがある。
d0323161_06123513.jpeg
「ミトコンドリア脳筋症」という難病が存在する事をご存知の方はどの位おられるのだろうか?私も看護師歴は長いが、この疾患について勉強した事がない。ミトコンドリアとは細胞の中にあるエネルギーを司る機関だ。ミトコンドリアに機能異常が起こると、エネルギー代謝異常が起こり、痙攣、筋力低下、頭痛、嘔吐のとの随伴症状の他、腎臓・心臓など多数の臓器に影響を与えてしまう難病だ。

そんな難病に侵されて30年以上になるKさんは実に精神面も人間力もタフだ。このご利用者のヘルパーとしても仕事に行くのが全く苦にならないどころか嬉しくて仕方がない。自宅内もトイレまで這って行かれる。実に自立心が強い。15歳に発病されたと有るし、構音障碍があり、「エイド」というパソコン類似機器で文字を打ち、コミュニケーションを図る。
d0323161_06155217.jpeg
そんなある日、私はKさんとケアをしながら音楽の話をしていた。自分の好きな楽曲の話などをしていたのだ。翌週、同じ時間に訪問し、胃瘻注入などの業務を行い一段落すると、Kさんが突然ベッドから降りて、ガラスケースの中の探し物をされていた。余りにも長い時間探しておられたので、「何かお手伝いしましょうか!」と側に行って声がけをさせてもらった時、彼が何を探していたかに気付かされたんです。
d0323161_06095857.jpeg
それは私が一番好きな音楽として話していたイギリスのロックグループ「ピンク・フロイド」の世界的名曲「原子心母」のCDでした。彼はそれをラジカセに挿入し流してくれたのです。北海道の根室で出会ったこの曲とのドラマも思い出深いが、まさか、Kさん宅で出会うなんて!涙が出そうになるくらい感動させられました!

その曲を聴きながらのヘルパー業務は実に記憶に残るほど楽しかったです。きっとこれからも多くの出会いがあり、私の第三の人生を作ってくれるような予感がしています。ご利用者の皆様、ありがとうございます。へたばらない限り、継続していきたいと思っています。
104.png111.png110.png113.png162.png

[PR]

by taira710 | 2018-08-09 18:25 | Comments(0)

吹奏楽のサマーコンサートに心躍る!!

2018-08-05 こころは沖縄に飛んで行く!

「涙そうそう」の歌詞が生みだされた背景の悲しみ!


そして「ペンタトニック」技法に驚愕!!


 
昨夜は花火に感動させられたが、今宵は住道のサーティホールまで吹奏楽を聴きにやって来た!YOSHIIはS高校との対抗試合があるので参加できないとのこと。TOMOKO さんを誘うと「行く行く!」と二つ返事だった。
d0323161_14525084.jpeg
もう何回もYOSHIIの高校の吹奏楽部のコンサートは参加しているので、間違いなく期待できるが、この猛暑で果たして聴衆は集まるのか?夕方5時会場で、5時半から開演だ!会場はほぼ満員だった。いつも指定席の一等場所を確保しているが、今日は全席自由席だ!丁度、指揮者の今川さんが陣取るエリアの真ん前だ。
d0323161_14550031.jpeg
5時半キッカリにスタートした。今回はマーチングショーが第1部からスタートしたから、トランペット、パーカッションとフラッグ、ガード、ソードなどが舞台の上で見事に乱舞する。懐かしいエルビスプレスリーの「バーニングラブ」「シーサーライダー」の曲に合わせての演技だ。今年入部した1年生も含まれているという。「High Spirited」と題されていたテーマ、高い気持ちを持ってあらゆる事に挑みなさい!というメッセージに聴こえた!素晴らしい!
d0323161_14552040.jpeg
第2部は真島俊夫作曲の「五月の風」からスタートした。ブリーズという日本の素晴らしい5月を表している・・・「イパネマの娘」は驚いた!この曲を聴くのは本当に久し振りだ!吹奏楽部の顧問のOKAMOTO先生の説明で、イパネマとはブラジルのリオデジャネイロから近い有名な避暑地海岸だということを初めて知った。
d0323161_16404385.jpeg
「五つの沖縄民謡による組曲」の中では、「芭蕉布」という曲も演奏された。バショウの繊維で織った沖縄の特産品だ。それを曲にした普久原恒勇さんは大阪の生まれで、沖縄サウンドの基礎を築いた人と言われています。
d0323161_14583293.jpeg
演奏の途中でなかなか面白い音楽実験がされました。「ドレミファソラシド」の8音階の内、「れ」と「ら」を抜いて演奏すると、なんと不思議なことに沖縄音楽になるんですよね!もう一つの実験は、「ペンタトニック」というものでした。5つの音からなら音階の世界です!

「カエルの歌で世界旅行をしましょう!」と始まったペンタトニックの実験、つまりスコットランド風、黒人ブルース風、エジプト風と、それぞれの編曲と使用する楽器によって見事にその地域、風土の音楽になってしまうんです!「アメージンググレイス」は1年生5人が恥ずかしそうに演奏しました。サックスの「ディープパープル」は間違いなくブルースでした。
d0323161_16470253.jpeg
オーボエとファゴットでエジプトのピラミッドの景色が見えてきます。音階の使い方選び方で世界が変わるんだ!

あの名曲「涙そうそう」は森山良子が作詞し、BEGINが作曲した名曲ですが、マネージャーをしてくれていた実のお兄さんが突然に不整脈で急死された事をやっと乗り越えて、しみじみと亡きお兄さんを思い出して作詞されたそうです。そんな気持ちを想像しながら、この曲を改めて聴いてみると、本当に心に染みてきます。
d0323161_16411197.jpeg
「さみしくて 恋しくて 君への想い 涙そうそう」・・・作詞は秋元康のように語彙力とテクニックで出来上がるケースも多いでしょうが、「涙そうそう」のように本当に悲しい背景が存在する事もあるのです。それが分かるとより一層涙が滲み出てくるような気がして来ます。
d0323161_16443539.jpeg
アンコールの拍手の後は、私の大好きな高校野球の応援曲としても有名な「アフリカンシンフォニー」はアメリカの音楽プロデューサーの
ヴァン・マッコイの作曲だ。アメリカの大草原を思わせる壮大なシンフォニーだ!最後に相応しい名曲だった。

さあ、名曲に酔いしれた後は、一杯飲まないと満足感が無い!YOSHIIが仕事で合流できないので、TOMOと「さんきゅう寿司」に行く事にした。カウンターが空いているのになかなか誘導してくれなかったが、入店後は生ビールと特選「なごみ」にぎりセット2480円をオーダーさせてもらった。
d0323161_14591981.jpeg
なんと見事なにぎりの盛り合わせ!最初に口にしたのが「うにのキュウリ巻き軍艦」いや、人生で初めての味わい、キュウリの歯ごたえとうにの旨味が一体化して最高!ヒラメもうまいし、大トロなんてもう最高クラスの脂の乗り、金目鯛もかずのこもある。それでも、時々、TOMOの注文したサラダ巻きや剣先イカなどを横取りしながら、大満足の食事・・・
d0323161_14594296.jpeg
さらに「大阪王将」にハシゴして、餃子の良く焼きとニラレバ炒めを生ビールで味わって御開きとなりました。良いですね!本当に吹奏楽はテンションが上がります!夏の甲子園で吹奏楽が演奏し続けられている理由が体感できました!明日からも頑張るぞ!



[PR]

by taira710 | 2018-08-07 05:07 | Comments(0)

淀川花火大会は100円橋の河川敷で観賞すべし!

2018-08-04 電動自転車の機能性に驚いたのは誰だ?


花火はやはり「音」の迫力が必要!

居酒屋「こま」の大将は昭和の人間だ!


私は花火見物が大好きだ!それは私が出会う人々に公言し続けて来た!でも、悲しいかな、若い時ほどの体力が無くなると、帰り道の時間が気になってくる。富田林市のPL花火大会は驚く程の感動を得たが、帰りの道中の辛苦はとうとう「もういいわ!」という気持ちにさせてしまった。
d0323161_01184807.jpeg
平成淀川花火大会と言われた大会にも、病院の同僚を誘って良く参加した。メンバーが色々と料理を作って来てくれるし、ビールは私の担当で山程持参するし、見物する場所は花火が仕掛けられている真っ正面だから、最高の迫力で、全く赤の他人様だが、その穴場を知っている人と年1回七夕の宵のように再会する場所でもあった。
d0323161_01235184.jpeg
でも、そんな超穴場を知っていても、帰りのシンドさはどうしても解決出来なかった。淀川花火大会と呼ばれるようになっても行く機会は減ってしまった。ても、花火好きの私には、また、間近で花火を観賞したいという気持ちはフツフツと水面下で燃え続けていた。

今年は介護初任者研修で知り合った仲間にも、淀川花火大会の穴場を知りませんか?と尋ねたりして、何としても、花火大会を楽しむつもりで準備していた。自宅で焼肉夕食をしていたら、息子のYOSHIIから突然電話があり、「俺も淀川花火見に行くわ!」とのこと。私は一人で電動自転車を使って、今までに見つけられていない超穴場を発掘するつもりでいたのに、突然の同伴希望???

「別にええけど!」・・・そろそろ時間なので出掛けよう電動自転車に乗りかけた頃にYOSHII がやって来て、車の荷台からスポーツ自転車を出してくる。いざ、出発! 事前に地図でかなり経路を調べていたが、十三に近い南方や柴島の淀川河川敷には思っていた以上に距離がある。
d0323161_01253189.jpeg
電動自転車での機能性の高さにYOSHIIは驚いていたが、時速28キロが簡単に出せるから素晴らしい!大体の方向感覚は間違いなくあるが、花火はそんなにあちこちから眺められない!河川敷に出ないといけない!漸く25分間ほど走り、場所は良く分からなかったが、何となく浴衣を着用していたり、子供連れが多いということで、河川敷に出られる場所にたどり着いた。
d0323161_01243916.jpeg
河川敷から十三まではかなり距離があったが、花火見物の人の多さは尋常では無かったし、嬉しい事に子供連れが多く、実に楽しげな場所で花火見物をする事が出来た。楽しい!午後8時40分の終了まで、楽しむ事が出来、来年はもう少し近くまで行ってみよう!という事になった。
d0323161_01260096.jpeg
帰りは居酒屋でいっぱい飲みたいなあ!と言っていたが、自宅に近い千里丘で飲む事にした!居酒屋「こま」は、阪急の踏切を過ぎて直ぐにある、外観が真っ黒でシンプルな店だ。初めて訪れて、大将の「駒井さん」といろんな話をしながら、注文させて貰った。もう、この場所で営業して9年目との事。
d0323161_01262596.jpeg
「ヒラメの造り」「アジのきずし」「水ナス」鮮度もいけるし、アジのきずしなんてユニークそのもの!評価が上がる!大将と意気投合し、名刺まで渡す間柄に・・・当然、大将が、「私の大先輩にどて焼きとイワシの生姜炊き出してあげて下さい!とスタッフにオーダされる。サービス提供だ!
d0323161_01265384.jpeg
生ビールもお代わりしたが、やはり焼酎「赤霧島」それと「○○」も美味い!9時半過ぎに入店したから、閉店の11時まであっという間だ!大将との会話も楽しければ、YOSHIIとの会話もまた楽しい!最近とスポーツ界の権力を持った輩の独裁的横暴、これ程までに人間を腐敗させてしまう権力!昭和時代の人間関係の大らかさ、私のヘルパーの仕事でのピンク・フロイドの原子心母の話はYOSHII を感動させたようだ!
d0323161_01272201.jpeg
じゅん菜と煮穴子・・・いいね!プロの味

人間は人間を大事にしなければ人間ではない!LGBTを生産性に欠けると排斥しようとする国会議員がいる。こんなに恐ろしい事はない!歪んだ力の政治しかしない事は明らかだ!相模原市で施設に入所されていた障害者の方達を殺しまくったあなイカレポンチとこの杉田水脈51歳にもなる自民党議員の共通点の多い事。

日本の政治というトップの場に、こんな不見識な人間を居座らせているのは、自民党という老舗の暖簾に入党する人間に理念を教えず、ただただ従順さだけを教えて来た輩のせいだ!昔は政治家は正しい理念の元に集まっていたのに、今は「権力のお裾分け」に群がる馬鹿者たちの集団でしかない!
d0323161_01285858.jpeg
千里丘から自宅までの10分ほどの距離の途中の道路上でYOSHIIの自転車が突然大音響と共に転倒した!幸い、後続に自動車などが走っていなかったので大事故にならずに済んだが、チェーンは外れ、マンションで全身を点検すると、左膝、右手手掌、手首、右手腹部にそれぞれにかなりの擦過傷と出血が見られた。どうも、アイスボックスかキーチェーンが自転車の車輪に突然絡まったのが原因のようだ。

幸い、マンションには「ゲンタシン」が有ったし、キズ当てパッドの新品があったので、私が処置をさせてもらった。明日は吹田高校まで行かなければならないらしい!多分、あの転倒時の打撲の強さは筋肉に影響を与えるだろう!湿布貼用しておいた方が良かったが、彼はもう寝床に入り、早々と就眠してしまった。

明日はまた「サマーコンサート」がある。調子に乗りすぎるとトラブルが起こりやすいという教訓だったかも知れない。息子のYOSHIIが私の身代わりになってくれたような気分だ!明日からは少し自重しよう!

[PR]

by taira710 | 2018-08-04 23:48 | Comments(0)
line

人生は旅、仕事も遊びも旅さえも旅気分で楽しもう!!


by PEACENIK平ちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31