タグ:魅力的な英語教材 ( 1 ) タグの人気記事


英語力をアップさせるための6つのポイント・・・「たいら流」

  

2014-01-21 016.gif056.gif016.gif056.gif058.gif056.gif058.gif053.gif 

 

  私の英語力はたかだかしれていますが、外国人と話すことに臆することがありません。

  それは、私がこの年になるまで培ってきた「英会話力アップのノウハウ」があるからです。

 

 イギリスの言語学者のデビッド・クリスタルが「世界の英語を話す人たち」を3つのサークル()に分類して解説しています。Inner Circle(内側の輪)はイギリス・アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドなど、いわゆる【英語を母国語としている領域】Outer Circle(外側の輪)はインド・シンガポール・などかつての英国の植民地となった地域の英語で【公用語ないし「第2言語」として英語を話す領域】、そしてExpanding Circle(一番外側・広がった輪)日本・中国・韓国・ロシアなど小中学校から大学まで「英語」がカリキュラムとして組み込まれていて、「受験英語」「ビジネスイングリッシュ」として英語学習が定着している領域の3つに分類されています。

 

 

d0323161_23120232.jpg

 世界の人口は変動しているので、最新のデータとしては、英語を母国語として話しているネイティブ・スピーカーの人口は53000万人です。今は世界の人口の49%以上が「世界共通語」のように英語を話していると分析されているので35億人以上が何らかのスタイルで英語を話せる・理解できると考えられています。アメリカ合衆国は当初はイギリスの植民地としてスタートしているのですが、あれだけ広大な土地に「英語」だけが定着したというのは驚きです。もうひとつイギリス(大英帝国)植民地化政策の基本に【間接統治】という方針があり、例えば「インド」であれば、その国のエリート層・支配層をイギリス本国に移住させて、徹底した「英語教育」を実施して、植民地へと送り返し、「英語」が公用語化するように徹底したことです。政治・経済・司法・教育で公的に英語使用が要求されると、見事に「定着」していったのです。

 

 日本は太平洋戦争に敗戦し、アメリカに占領されたのですが、「植民地化」は免れることができました。やはり日本人としては喜ばしいことだと思います。しかし、沖縄や米軍基地のある地域の周囲では「生活のための英語」が普及していました。商売人は商売に必要な英会話は必要不可欠なものとして学習したのです。でも、文部省&文部科学省の推奨するその後の英語教育は中身が薄い、中身の無いカリキュラムだけで、日本人の英語力はなかなか向上しなかったのが実情です。「英訳」はできるが「英会話」ができない英語教師が多すぎたのです。その先生方も日本の英語教育の犠牲者の一人かもしれません。

 

 私は、自分の人生で「EEC外語学院」に学んだことがありました。そこでは、とても楽しい「英語学習」ができたという評価があります。でも、その時まで「外国人」と英会話ができたという経験はありませんでした。それでも「話してみたい」という欲求が強くありました。今、○○中学校で働いていて、何人かの英語の日本人先生がフィリピン出身の英語の先生と英会話されているのを耳にしますし、私も個人的にもよく話しかけますし、帰りのバスが一緒になったときは、ずっと「英会話」をしています。最近、私の娘が英会話力をアップさせたいという意欲を持っていることが分かりました。海外旅行が大好きで、よく行っているので、「英会話力」をアップさせたいという気持ちが強く芽生えてきたのだと思います。この機会に、今後の私自身のためにも、「英語力」を向上させる【私的ノウハウ】を公開して、一寸は本気のやる気を見せて欲しいと思います。

 

 まず「文法」は必要か不要か。間違いなく不要です。何故か?・・・どんな国においても、言葉を覚え始める幼児は「文法」を学習してから「言葉・母国語」を覚えないからです。母親や父親や兄や姉の言葉を真似て学習していくのです。会話力は「どのように喋れば疎通が図れるか、ただ口真似をして覚えるのです」・・・「自己表現」の手段として言葉を覚えようとするのです。語学力とは単純に言えばそのまま「生活の中で使用されている言葉を覚える」だけなんです。ところが、文部省&文部科学省の学習要綱は「受験英語」偏重で、多くの若者が、英語で難しい文章を【解読】することに四苦八苦するからです。語学力を身につけるのに【苦痛】が伴うことを学習させられるので、「楽しくない」と同時に大きな【壁】を感じてしまいます。

 

しかし、本当に大事なことは、自分が様々なシチュエーションで出会う可能性のある「外国人」とどのような会話がしたいかを次々とイメージしていくことです。事務的な英会話力よりも、自分の考えや価値観を伝えられる会話力こそが本物です。日本の文化・世界遺産などについて伝えられるとほぼ完璧です。日本文化を伝えるには、日本語で日本文化を学習することからスタートします。そして、その「日本語」をすべて頭の中で「英語」に翻訳するのです。完全に翻訳できなければ、必ず辞書で英単語を調べて、完全な英語の文章を完成させる。英語で喋ってみたい「日本語」が次々と頭に思い浮かぶと、それだけ「ボキャブラリー(英単語)」も増え、会話能力も自ずと上がってきます。

 

この時に一番ブレーキになるのが「発音」です。発音に対して「不安感」が強いと、喋って恥をかいてしまうという「マイナス要因」が強く働いてなかなか身につきません。それには「電子手帳」という発音が確認できる「便利機器」が必要です。2万円前後で、とても性能の高い機器が購入できます。一生役に立つ代物ですので、まず購入して後悔する事は無いと思います。そして、英単語の発音だけではなく、海外旅行の際の英会話のサンプルから英語の慣用句・ことわざの一覧、ビジネス英語、「このような日本語の表現は英語ではどのように言うか」というテーマ別のサンプルも網羅されています。私の愛用しているSharpの「Brain」という機種はOxford英英辞典は183500語、ジーニアス英和辞典96000語、ジーニアス和英辞典82000語も収録されているし、「収録音声」の多さに驚かされます。英語以外の7ヶ国語に関しての内容は充実しています。

d0323161_09001552.jpg
 

今まで【解説】してきた流れをコンパクトにまとめると次のようになります。

 

 

 英語上達の基本は

1. まず「日本語」で喋りたい内容がどれだけ「豊富」にあるかということです。外国人と友人になりたかったら、自分の「趣味」「仕事」「遊び」【特殊技能】「出身地」【特産品】【有名な場所】「専門職の説明」・・・それこそ、初めて出会った日本人と会話するときに喋る内容が「英語」に翻訳できるかです。それができなければ「話す内容」を限定したり、その話題に関しては自主規制しなければならないということですから、そんな姿勢で「英語力」がアップするはずもありません。普段、自分が喋っている「日本語」の内容のチェックが必要です。

 

2. 次に「分からない英単語」は直ぐに調べる習慣が不可欠です。どのように英語で言うのか、それも直ぐに調べる。この日本語は「英語」ではどのように言うのか・・・・これが「楽しみ」にならないと英語力はアップしません。

) 「偶然」「矛盾」「可能性」「趣味」「完璧」「中途半端」・・などなど何気に日本語で喋っている言葉は

  直ぐに調べて「文脈」「例文」として覚えることです。

 

3. 【電子手帳】があるからといって「英語の辞書」を持っていないと、学習の成果があがりません。新しく調べた、新しく学習した「英単語」「英語の例文」は必ず【ノート記載】「PC入力」などして、記録していくことが必要です。一度、学習した英単語や例文は「記録」することによって「思い出す」ことはとても確率が高くなります。

) 

 

4. DVDや英語の音楽CDを楽しまれるのであれば、必ず原文に触れ、日本語訳と対比してみてください。DVDは字幕を英語字幕にすれば、とてもストーリーを理解するのは大変ですが、生きた「英語」に触れられるので、とても役に立ちます。➔「気に入った英語のセリフ」を記録しておくと、ますます楽しくなります。

 

5.普段の生活で、例えば学校では「何して遊ぶ?」「オレの番だよ」「今日、一緒に帰ろな」「邪魔すんなよ!」

 「先生、今日は宿題無しにしましょう」・・・家に帰ると「お腹すいた」「お母さん、今日の晩ごはん何?

 「明日、友達と映画観に行くから」・・・・「ああ、眠たいなあ」【明日までに、この宿題せなあかんねん】

【テレビ観たいなあ】・・普通に喋っている内容を必ず英語で言ってみる。

大人になれば「議論」もできるような内容に向上・・・前述したように「何をどのように喋りたいか」・・

ここが「原点」・・・英語への翻訳習慣ができれば、それこそ「スピードラーニング」が可能になります。

日本語でも「豊かな会話」をするためには「ボキャブラリー」を増やす必要があります。

 

6.最後に「大事なポイント」を言っておきます。「テキスト」は増やさないこと。「電子手帳」「英和辞典」「和英辞典」「日本文化を英語で解説した本」の4点でOK・・・・・電子辞書に収録されている英語に全て目を通すのに数年はかかると思います。この4点に集約し、そして「DVD」と「CD」をリラックスタイムとして活用する。1本のDVDを視聴したら、覚える英単語・英文は「5個」程度に限定し、楽しむことを優先させる。・・・・・・これが継続のポイント、決して欲張らない。欲張ると「挫折」します。

 

この6つのポイントを意識して、「英語力をアップ」させてください。そして、出会った外国人と勇気を持って話することです。1年後の貴方はきっと「英会話」に自信を持っていることでしょう。

  See you soon! I hope you will be happy in English conversation.

Or I’m looking forward to make a good English performance in your future.

「時制」は大事ですが、こだわりすぎると喋れなくなるし、相手が「昨日の事?」と訂正してくれたりするものです。全く神経質になる必要はありません。動詞も「現在・過去・過去完了」にこだわりすぎないことです。【言葉】は生き物です。「伝えようとする意志」さえあれば、必ず伝わります。

056.gif058.gif056.gif053.gif058.gif056.gif 

ain0。それには「電子手帳」という発音が確認できるアイテム

 

 

 

 
[PR]

by taira710 | 2014-01-24 09:28 | 人生をいかに生きるか! | Comments(0)
line

人生は旅、仕事も遊びも旅さえも旅気分で楽しもう!!


by PEACENIK平ちゃん
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31